コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢前川 ゆめさきがわ

3件 の用語解説(夢前川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夢前川
ゆめさきがわ

兵庫県中南部を流れる川。中国山地東部の雪彦 (せっぴこ) 山に発し,南流して姫路市下手野で菅生川と合流し,広畑で播磨灘に注ぐ。全長約 38km。かつては2つの河川であったが 17世紀の瀬替えで姫路市の横関付近から河水は菅生川に移され,河口あたりの流路も製鉄所の建設で若干東に移された。河口西岸は播磨工業地域の中心で,工業用水として重要。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕夢前川(ゆめさきがわ)


兵庫県南部を流れる川。同県中部の雪彦(せっぴこ)山(標高915m)に源を発し、南流して姫路(ひめじ)市で播磨灘(はりまなだ)に注ぐ。2級河川(夢前川水系)。延長40km。源流部の雪彦山は修験(しゅげん)道の霊地。河口西岸の埋め立て地には新日本製鐵広畑製鉄所がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夢前川
ゆめさきかわ

兵庫県南西部を南流する川。雪彦山(せっぴこざん)に源を発し、ほぼ一直線に南下して姫路市広畑で播磨灘(はりまなだ)に注ぐ。延長40キロメートル。姫路市書写(しょしゃ)以北は狭長な谷底平野で段丘も発達するが、下流では東西に長い姫路平野をつくる。17世紀の瀬替えまでは横関(よこぜき)から南東に流れる荒れ川であった。1937年(昭和12)富士製鉄(現、新日鉄住金)広畑製鉄所建設で河口部を東へ移し、その後の河川改修で旧河川敷を住宅地に造成し、面目を一新した。[大槻 守]
『吉田俊三著『夢前川流域史』(1974・私家版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夢前川の関連情報