コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

播磨工業地域 はりまこうぎょうちいき

2件 の用語解説(播磨工業地域の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

播磨工業地域
はりまこうぎょうちいき

兵庫県南部,播磨灘沿岸からその背後に広がる工業地域。姫路市を中心に,東の明石市から西の赤穂市にいたる。古くは姫路の皮革,龍野の醤油・そうめん,三木の金物,小野のそろばん,西脇の播州織などの伝統工業で知られていたが,明治・大正期の綿糸,綿布,毛織物などの繊維工業時代を経て,昭和に入り重工業時代を迎えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

播磨工業地域
はりまこうぎょうちいき

兵庫県南部、播磨灘(なだ)に面した臨海工業地域。東は明石(あかし)市から稲美町、播磨町、加古川(かこがわ)市、高砂(たかさご)市、姫路市、太子(たいし)町、たつの市、相生(あいおい)市を経て赤穂(あこう)市に至る地域。加古川、市川などの河川のつくる複合三角州(姫路平野)が広がり、阪神市場に近く、交通の便がよく、良質の工業用水にも恵まれている。江戸時代から清酒、しょうゆ、そうめん、綿布製造などの伝統工業が盛んであった。近代工業は1878年(明治11)の姫路紡績所に始まり、その後明石、加古川、高砂、姫路、赤穂の各市で紡績、毛織物工場の設立が相次いだ。1907年(明治40)には相生市に播磨船渠(せんきょ)株式会社が創設され、各地で農機具、化学肥料、製薬、ゴム、セルロイド、機械器具工場など化学・機械工業もおこった。昭和に入り、1937年(昭和12)には富士製鉄(現、新日鉄住金)の広畑(姫路市)への進出があり、明石に神戸製鋼所などが立地して重化学工業化が本格化し、第二次世界大戦時の軍需工業の進出でいっそう拍車をかけた。戦災で工場の大半は焼失したが、1950年(昭和25)の朝鮮戦争を契機に富士製鉄などの重化学工場が操業を再開し、1957年には「第五の工業地帯」とよばれるに至り、工業整備特別地域の指定を受けた。兵庫県も大規模工業開発を図り、臨海地域を埋め立てて工業用地を造成し、製鉄、電気、触媒、石油、セメントなど大小工場の進出が相次ぎ、内陸の国道2号沿いでも工場建設が盛んとなった。機械、金属、電機などの比重が大きく、繊維工業は東洋紡績、日本毛織、鐘紡(かねぼう)(のちカネボウ)などが次々と撤退しているが、皮革、しょうゆ、マッチなどの伝統工業は行われている。煤煙(ばいえん)、硫黄(いおう)酸化物、騒音、水質汚濁などの公害が問題化し、かつての白砂青松の海岸は姿を消した。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone