コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分稚見 おおきだの わかみ

2件 の用語解説(大分稚見の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大分稚見 おおきだの-わかみ

?-679 飛鳥(あすか)時代の武人。
大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)の兵衛。672年同族の大分恵尺(えさか)とともに大津皇子にしたがって近江(おうみ)(滋賀県)を脱出した。伊勢(いせ)(三重県)で大海人皇子と合流,瀬田の戦いで先鋒(せんぽう)として大友皇子(弘文天皇)軍をやぶった。天武天皇8年3月死去。豊後(ぶんご)(大分県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大分稚見

没年:天武8.3.6(679.4.21)
生年:生年不詳
壬申の乱(672)で大海人皇子(のちの天武天皇)側について活躍した武将。姓は君。豊前大分(大分市,大分郡)出身の豪族。乱が起きるや,近江方にいた大津皇子を救出することに成功した。大海人軍の主力村国男依の軍に加わって,不破(岐阜県不破郡)から近江に入り,近江軍主力との決戦にのぞんだ。瀬田(大津市)の大橋をはさんで大友皇子率いる近江方と対峙したとき,長矛をすて甲を重ね着て,雨のように降りそそぐ敵の矢をかいくぐって,橋を渡り敵陣に突入し,近江軍を潰滅させた。その武勲により死後外小錦上の位を贈られた。大分恵尺とは一族。<参考文献>直木孝次郎『壬申の乱』

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分稚見の関連キーワード大海人皇子壬申の乱壱伎韓国朴井雄君多品治高坂王田中足麻呂路益人若桜部五百瀬和珥部君手

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone