コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学は出たけれど

デジタル大辞泉プラスの解説

大学は出たけれど

1955年公開の日本映画。監督:野村芳太郎、脚本:椎名利夫。出演:斎藤達雄、日守新一、吉川満子高橋貞二、川喜多雄二、明石潮、野辺かほるほか。

大学は出たけれど

1929年公開の日本映画。監督:小津安二郎、原作:清水宏、脚本:荒牧芳郎、撮影:茂原英雄。出演:高田稔、田中絹代ほか。昭和初期の就職できない大学生の姿を描いたコメディ

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいがくはでたけれど【大学は出たけれど】

小津安二郎監督の1929年度松竹蒲田作品で,黒白スタンダード無声映画。清水宏監督が自作のための題材を小津に譲って撮らせたといわれる。脚本は荒牧芳郎で初めての組合せ。撮影は常連の茂原英雄。高田稔,田中絹代という当時の大スターの出演も戦前の小津映画には珍しい。大学を卒業しても就職が困難だった昭和初期の世相を反映し,若夫婦の東京での生活が皮肉っぽく描かれ,《落第はしたけれど》(1930),《生れてはみたけれど》(1932)とともに生活苦三部作をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大学は出たけれどの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

大学は出たけれどの関連情報