コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宝律令木簡群 たいほうりつりょうもっかんぐん

知恵蔵の解説

大宝律令木簡群

奈良県橿原市の藤原京跡から2001年6月、約1200点の木簡が出土。記録がほとんど失われていた日本初の本格的法典大宝律令」(701年)の内容や、制定当時の状況も復元できそうな資料と分かった。「大宝元年」という年号や天皇側近の「中務(なかつかさ)省」、「宮内省」「内蔵寮(くらりょう)」などの官庁名が交じった文書、地方から集めた労働者の逃亡報告、和歌などもある。さらに天智天皇の皇女で長屋王の母の御名部(みなべ)内親王実力者藤原不比等の妻の県犬養(あがたのいぬかいの)道代(三千代)の名前なども判読でき、今後の解読・分析で、古代史研究の重要資料になりそうだとされる。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大宝律令木簡群の関連キーワード奈良県橿原市

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android