コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藩法 はんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藩法
はんぽう

江戸時代,諸領内発布,施行した法令戦国大名分国法の流れをくみ,家法,領法ともいう。大別して基本法施行法とに分けられる。前者は立藩の精神,藩政要綱藩士の規律などを定めたもので,壁書などとも呼ばれ,後者は行政,司法など藩政執行に必要な法規で,村方町方,寺社方に下した掟などが含まれ,民間あてのものは御触書の形をとった。外様大名の場合,独自の体系をもった内容であるが,譜代大名では幕府法を模範としたものが多かった。萩藩の『万治制法』や土佐藩の『大定目』などが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぽう〔‐パフ〕【藩法】

江戸時代、大名を支配するために定めた法令。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんぽう【藩法】

江戸時代から1871年(明治4)7月の廃藩に至るまでの間に,において行われた法を,広い意味で藩法という。狭義では藩制定法および藩の判例法,先例法をさす。ただし藩法という名称は,明治になって用いられたもので,江戸時代には〈家法〉〈国法〉などと呼ばれた。宗門改め度量衡,交通など江戸幕府の全国的支配権に属することを除けば,藩はかなりの自律を認められ,〈万事江戸之法度の如く,国々所々に於て之を遵行すべし〉(寛永12年武家諸法度)といった限定はあるものの,各藩はそれぞれ別個の藩法を施行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はんぽう【藩法】

江戸時代、諸藩が藩内を治めるために制定した法規の総称。藩政の要綱や藩士の心得などに関するものと、庶民の生活に関するものがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藩法
はんぽう

江戸時代、諸藩で行われた法規の総称。藩は元来、大名の領分を意味したが、江戸時代の後半には大名の支配機構をも意味するようになった。各藩が藩治のために制定したものが藩法である。江戸時代の領知のうち3分の2は藩が占めるのであるから、藩法の占める重要性はきわめて大きい。しかし、第二次世界大戦前では、藩法の資料は各旧大名家に秘蔵されるものが多く、これの利用は困難であった。戦後、諸種の事情で大学に移管されるものがあり、別に、後に述べるように藩法集も刊行され、「地方史」に掲載される藩法も少なくなく、その利用は容易になった。
 藩法は戦国時代の分国法(家法)の後身といえるが、その内容は、大名の家政に関する私的な部分を除くと、藩の封建制に関するものと、庶民の生活に関するものとに分けられる。いずれも幕府の影響を受けることの多いものと、少ないものとある。尾張(おわり)の徳川家の藩法は幕府法に近いといわれるが、薩摩(さつま)藩法のごときは独自の部分が多い。いずれにしても、大きな流れに着目すれば、しだいに幕府法化したといえるであろう。大藩には資料も多く、独自の体系をもったものもあるが、小藩ではそういうことのできないものも多く、幕府の奉行(ぶぎょう)に対してどういう扱いをしてよいか問い合わせ、その回答に従ったものも少なくない。こういう面でも幕府法化が行われた。藩法の研究には「藩法集」の刊行がきわめて重要であるが、藩法研究会では、岡山、鹿児島、金沢藩など諸藩の「藩法集」を刊行して、研究の便を図っている。[石井良助]
『藩法研究会編『藩法集』全12巻15冊(1959~75・創文社) ▽長沢巷一監修、京都大学日本法史研究会編『藩法史料集成』(1980・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藩法の関連キーワード山口 麻太郎山口麻太郎山口(県)自分仕置令前田利次内藤政成溝口重元横尾文輔松平忠昌吉田東洋鍋島勝茂外様大名武家法佐賀藩在地法法制史大垣藩小城藩土佐国尾張藩