コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋光吉 おおはし こうきち

2件 の用語解説(大橋光吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋光吉 おおはし-こうきち

1875-1946 明治-昭和時代前期の実業家。
明治8年8月26日生まれ。大橋佐平の養子。明治27年博文館に入社,39年美術印刷の精美堂を設立。大正14年博文館印刷所と合併して共同印刷を設立し社長となる。翌年大争議がおこったが,徳永直の「太陽のない街」はこの争議を舞台としている。昭和21年7月3日死去。72歳。兵庫県出身。旧姓は森垣。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおはしこうきち【大橋光吉】

1875‐1946(明治8‐昭和21)
共同印刷の創業者。兵庫県に生まれ,1894年博文館に入社。98年大橋佐平の三女幸子と結婚,森垣姓を大橋姓に改め,博進社印刷工場に勤務した。そのかたわら1904年日本葉書会を設立,月刊《ハガキ文学》を創刊した。06年絵はがきの製造販売および美術書の出版を目的とした精美堂を創業。また22年精美堂印刷学校(現,印刷工芸高校)を設立,後進の育成にも努めた。25年博文館印刷所(1905年博進社印刷所を改組)と精美堂を合併して共同印刷を設立,取締役社長に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大橋光吉の関連キーワード磐瀬雄一琴陵光煕高原操竹内賀久治津田信夫土岐嘉平西野元三井高泰村川堅固若宮貞夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone