コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋光吉 おおはし こうきち

2件 の用語解説(大橋光吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋光吉 おおはし-こうきち

1875-1946 明治-昭和時代前期の実業家。
明治8年8月26日生まれ。大橋佐平の養子。明治27年博文館に入社,39年美術印刷の精美堂を設立。大正14年博文館印刷所と合併して共同印刷を設立し社長となる。翌年大争議がおこったが,徳永直の「太陽のない街」はこの争議を舞台としている。昭和21年7月3日死去。72歳。兵庫県出身。旧姓は森垣。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおはしこうきち【大橋光吉】

1875‐1946(明治8‐昭和21)
共同印刷の創業者。兵庫県に生まれ,1894年博文館に入社。98年大橋佐平の三女幸子と結婚,森垣姓を大橋姓に改め,博進社印刷工場に勤務した。そのかたわら1904年日本葉書会を設立,月刊《ハガキ文学》を創刊した。06年絵はがきの製造販売および美術書の出版を目的とした精美堂を創業。また22年精美堂印刷学校(現,印刷工芸高校)を設立,後進の育成にも努めた。25年博文館印刷所(1905年博進社印刷所を改組)と精美堂を合併して共同印刷を設立,取締役社長に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大橋光吉の関連キーワード栄典イタリア映画新日本文学戦争放棄新聞小説カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)ポピュリスト党

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone