コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正洞 たいしょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大正洞
たいしょうどう

山口県中西部,奥秋吉台の代表的鍾乳洞(→石灰洞)。美祢市に属する。鍾乳石石筍などがあり,1923年国の天然記念物に指定。5層の竪穴が連なる立体的な構造をもち,クモノスシダなど特有な植物がある。秋吉台上を走るカルストロードで秋芳洞と結ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょうどう【大正洞】

山口県中央部、秋吉台にある鍾乳洞。天然記念物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕大正洞(たいしょうどう)


山口県美祢(みね)市北部、真名ヶ(まなが)岳(標高351m)北麓(ほくろ)にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。日本屈指の規模を誇るカルスト台地の秋吉台(あきよしだい)に点在する石灰洞の一つ。総延長約930m。国指定天然記念物。上・中・下3層の洞穴を竪穴(たてあな)や斜道が結ぶ。大正期に発見された上層の大空洞は最大洞幅約20mで、鍾乳石・石筍(せきじゅん)などの石灰生成物が現在も成長している。秋吉台国定公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

大正洞の関連キーワード山口県美祢市美東町赤カルスト台地美東[町]北麓秋芳美東

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android