コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気吸収 たいききゅうしゅう atmospheric absorption

1件 の用語解説(大気吸収の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいききゅうしゅう【大気吸収 atmospheric absorption】

太陽放射などが大気中を通過するときに受ける吸収をいう。太陽は,その表面の温度が約6000Kの黒体とみなしてもよいと考えられているが,そうだとすると黒体放射に関するプランクの放射則によって,太陽放射の波長は0.15μmから4μmにわたり,全エネルギーの約半分は0.38μmから0.77μmの可視光線の範囲に含まれ,エネルギー極大の波長は0.5μmの青緑色のはずである。ところが地球表面で観測される太陽スペクトルでは,エネルギー極大の波長は約0.6μmの黄色の部分にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大気吸収の関連キーワード阻止能太陽定数チェレンコフ放射日射GPS気象学関契太陽日放射長吸収係数(X線)クロスウインド

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone