コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽放射 たいようほうしゃsolar radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽放射
たいようほうしゃ
solar radiation

太陽からは電磁波と微粒子が放射されている。電磁波は可視光のほかにγ線,X 線,紫外線,赤外線および電波を含む。太陽から放射される電磁波の総エネルギーは毎秒 3.8×1033erg で,波長 0.47 μm のところに最大がある。地球の距離で受けるエネルギーは毎分 1cm2あたり 1.95calでその約半分が大気を通って地表に達する。太陽から放射される電波については,おもに静かな太陽からほぼ定常的に放射される成分,黒点と関連してゆっくり変化する成分および短時間で強度が急増し数分から数時間の寿命のバーストなどに分けられる。太陽からは電磁波のほかに陽子や電子などの荷電粒子高速度で放出され,太陽プラズマ (太陽風 ) と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

太陽放射【たいようほうしゃ】

太陽から放出される放射の総称。そのエネルギーは太陽定数から計算される。波長別エネルギー分布はほぼ6000℃の黒体放射に近く,エネルギー最大の波長は黄色の部分にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいようほうしゃ【太陽放射】

太陽が可視光線を主として γ 線から電波までの全電磁波や荷電粒子を放出すること。 → 太陽風

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

太陽放射の関連キーワードヘンリー(Joseph Henry)ミランコビッチ・サイクルミランコビッチ理論J.M. マウラー全球大気監視計画ソーラーハウス一次エネルギーC. アボット太陽熱利用設備エクスプローラコスモス衛星IKAROSスプートニク海気相互作用ラングリー衛星気象学大陸性気候いぶし現象気候工学赤外放射

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽放射の関連情報