コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江季雄 おおえすえお

4件 の用語解説(大江季雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江季雄
おおえすえお

[生]1914. 京都
[没]1941. フィリピン近海
陸上競技選手。慶應義塾大学卒業。 1936年ベルリンオリンピック競技大会に出場,棒高跳び西田修平と 4.25mの同記録で3位入賞。銀銅の両メダルを半分に切り,つなぎ合わせた「友情のメダル」のエピソードがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江季雄 おおえ-すえお

1914-1941 昭和時代前期の陸上競技選手。
大正3年8月2日生まれ。昭和11年ベルリン五輪の棒高跳びで,西田修平と4m25cmの同記録で2位にならび,相談のすえ年長の西田が2位,大江が3位となった。帰国後ふたりは銀・銅のメダルをふたつにわってつなぎあわせたメダルをつくり,「友情のメダル」として話題をよんだ。昭和16年陸軍少尉としてフィリピン上陸作戦に参加,同年12月24日戦死した。28歳。京都出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおえすえお【大江季雄】

1914‐41(大正3‐昭和16)
昭和初期の陸上競技・棒高跳び選手。京都府舞鶴市生まれる。慶大在学中,1936年ベルリン・オリンピック大会の日本代表選手に選ばれ,棒高跳びに出場。1位メドウス(アメリカ)の4m35に次ぎ,西田修平(早大)とともに4m25を跳んだが,順位は2位西田,3位大江と決まった。後に2人の銀と銅のメダルを半分ずつつないだのが〈友情のメダル〉として有名。陸軍少尉としてフィリピン上陸作戦で戦死。【川本 信正

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江季雄
おおえすえお
(1914―1941)

陸上競技の棒高跳び選手。京都府に生まれ、慶応義塾大学卒業。1936年(昭和11)、オリンピック・ベルリン大会の棒高跳びで、アメリカのメドウス(当時世界記録保持者)、セプトン、グレーバー、日本の西田修平との計5人で争われた決勝戦は有名。夜間照明の下、延々5時間余にわたった競技で、結局4.35メートルクリアしたメドウスの優勝が決まった。2、3位は西田、大江の争いとなり、審査員がこれ以上競技を続けることは過酷であると判断し、順位は日本関係者間で相談して決めるという、オリンピック史上初の裁定を下した。結局年長者西田が2位となったが、2人は相談のうえ銀・銅のメダルを半分ずつつなぎ合わせて持つことにし、「友情のメダル」として話題になった。翌37年、招待されたアメリカ室内競技大会でメドウスに雪辱し、同年4.35メートルを跳んで当時の日本記録を樹立している。太平洋戦争初期、フィリピンのラモン湾で戦死。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江季雄の関連キーワード日本陸上競技連盟日本身体障害者陸上競技連盟大島鎌吉沢田一郎高田静雄帖佐寛章飛田平一中村清縄田尚門依田郁子

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大江季雄の関連情報