コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西田修平 にしだしゅうへい

3件 の用語解説(西田修平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西田修平
にしだしゅうへい

[生]1910.3.21. 和歌山
[没]1997.4.13. 東京
陸上競技選手。 1935年早稲田大学卒業。日本陸上競技連盟理事長を務め,名誉副会長。 1932年ロサンゼルスオリンピック競技大会棒高跳び2位入賞。さらに 1936年ベルリン大会でも僚友の大江季雄とともにアメリカの E.メドウスと優勝を争い,5時間にわたる熱戦の末2位となったが,3位入賞の大江と銀銅の両メダルを半分ずつ分け合い,「友情のメダル」のエピソードを生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西田修平 にしだ-しゅうへい

1910-1997 昭和-平成時代の陸上競技選手,指導者。
明治43年3月21日生まれ。昭和7年ロス五輪,11年ベルリン五輪の棒高跳びで連続銀メダル。ベルリン五輪で大江季雄(すえお)と同記録で2位にならんだが,年長の西田が2位,大江が3位となる。帰国後ふたりは銀銅のメダルを折半し,「友情のメダル」といわれた。のち日本陸連理事長などをつとめた。平成9年4月13日死去。87歳。和歌山県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西田修平
にしだしゅうへい
(1910―1997)

陸上競技棒高跳びの名選手。和歌山県出身。早稲田(わせだ)大学卒業。1932年(昭和7)のロサンゼルス、36年のベルリン両オリンピック大会の棒高跳びで連続2位に入賞した。とくにベルリン大会では棒高跳び王国を誇るアメリカ勢3人を相手に大江季雄(すえお)とともに5時間余の死闘を演じたのは有名。優勝こそアメリカのメドウスに奪われたが、大江と2人で2、3位を獲得した。決定戦は日没と疲労のため日本関係者の判断に任され、結局、年齢差で2位西田、3位大江となった。このとき授与された銀、銅メダルを半分に割ってつなぎ合わせた「友情のメダル」のエピソードは世界の人々を感動させた。日本陸上競技連盟理事長などを務め、64年(昭和39)紫綬(しじゅ)褒章を受章。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西田修平の言及

【大江季雄】より

…慶大在学中,1936年ベルリン・オリンピック大会の日本代表選手に選ばれ,棒高跳びに出場。1位メドウス(アメリカ)の4m35に次ぎ,西田修平(早大)とともに4m25を跳んだが,順位は2位西田,3位大江と決まった。後に2人の銀と銅のメダルを半分ずつつないだのが〈友情のメダル〉として有名。…

※「西田修平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西田修平の関連キーワード和歌山県和歌山市粟和歌山県和歌山市上野和歌山県和歌山市加太和歌山県和歌山市北和歌山県和歌山市毛見和歌山県和歌山市西和歌山県和歌山市西浜和歌山県和歌山市祢宜和歌山県和歌山市吹上和歌山県和歌山市和歌浦西

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西田修平の関連情報