コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江賢次 おおえ けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江賢次 おおえ-けんじ

1905-1987 昭和時代の小説家。
明治38年9月20日生まれ。武者小路実篤(さねあつ)の「新しき村」に共鳴,のち片岡鉄兵の影響でプロレタリア文学をめざす。昭和5年「改造」の懸賞小説2席となった「シベリヤ」が出世作。戦後の作品に砂川事件を取材した「群衆」や自伝「アゴ伝」がある。昭和62年2月1日死去。81歳。鳥取県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大江賢次の関連キーワードおおえ ひで昭和時代絶唱