コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡鉄兵 かたおかてっぺい

7件 の用語解説(片岡鉄兵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片岡鉄兵
かたおかてっぺい

[生]1894.2.2. 岡山,芳野
[没]1944.12.24. 和歌山,田辺
小説家。『文芸時代』同人。新感覚派時代の『綱の上の少女』 (1927) ,『小児病』 (28) から,プロレタリア文学に,さらに通俗小説へ転じて,『花嫁学校』 (35) ,『朱と緑』 (36) を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かたおか‐てっぺい〔かたをか‐〕【片岡鉄兵】

[1894~1944]小説家。岡山の生まれ。新感覚派からプロレタリア文学に転換。のちに検挙され転向してからは通俗小説を書いた。代表作「綱の上の少女」「生ける人形」「朱と緑」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

片岡鉄兵【かたおかてっぺい】

小説家。岡山県生れ。慶応大学中退。1924年横光利一らと同人雑誌《文芸時代》創刊,新感覚派の作家として活動。しだいにプロレタリア文学に転じ,ナップに加盟して《生ける人形》《綾里村快挙録》などを書いたが,のち転向。
→関連項目文芸時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡鉄兵 かたおか-てっぺい

1894-1944 大正-昭和時代前期の小説家。
明治27年2月2日生まれ。大正10年(1921)「舌」でみとめられ,13年横光利一らと「文芸時代」を創刊。新感覚派の作家として「綱の上の少女」などを発表。のちプロレタリア小説に転じたが,昭和5年検挙されて転向。出獄後は「朱と緑」「花嫁学校」など大衆小説を多作した。昭和19年12月25日死去。51歳。岡山県出身。慶応義塾中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かたおかてっぺい【片岡鉄兵】

1894‐1944(明治27‐昭和19)
小説家。岡山県生れ。慶応大学仏文科中退。小学校代用教員新聞記者生活などのかたわら創作に励み,1921年文壇的処女作〈舌〉を《人間》に発表し,以後作家生活に入る。24年,横光利一,川端康成らと同人誌《文芸時代》を創刊,既成文壇打倒を目ざし,新感覚派の論客として花々しい活躍をはじめた。この時代の代表的小説集に《綱の上の少女》(1927)がある。激動の昭和のはじめに左傾し,旧労農党に入党。また全日本無産者芸術連盟(ナップ)に加わり,《生ける人形》(1928),《綾里村快挙録》(1929)で,プロレタリア作家としての力量を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かたおかてっぺい【片岡鉄兵】

1894~1944) 小説家。岡山県生まれ。横光利一らと「文芸時代」を創刊、新感覚派の提唱者となるが、プロレタリア文学に転じた。のち転向、以後大衆文学に進んだ。代表作「綱の上の少女」「綾里村快挙録」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片岡鉄兵
かたおかてっぺい
(1894―1944)

小説家。岡山県に生まれる。中学時代は投書家として活躍。慶応義塾大学仏文科予科中退後、新聞社等を転々とする間に書いた『舌』が認められ、1921年(大正10)作家生活に入る。24年横光利一(よこみつりいち)らと『文芸時代』を創刊し、新感覚派の作家・論客として脚光を浴びる。軽快な新感覚的文体による『綱の上の少女』(1927)がこの期の代表作。27、28年(昭和2、3)ごろから左傾し、『綾里(あやさと)村快挙録』(1929)などのプロレタリア作品を発表するが、32年転向を表明し、以後は『朱と緑』(1936)などの大衆小説を書いた。[高橋真理]
『『鉄兵傑作全集』全八巻(1936~37・非凡閣) ▽『日本の文学79 名作集 三』(1974・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の片岡鉄兵の言及

【プロレタリア映画】より

…この映画が,当時〈危険思想〉といわれた社会主義的イデオロギーにつらぬかれているということから,初めて〈イデオロギー映画〉あるいは〈傾向映画〉と呼ばれた。しかし,〈傾向映画〉ということばが真にジャーナリズムに乗るのは,プロレタリア作家,片岡鉄兵(1894‐1944)の新聞連載小説を映画化した内田吐夢監督の《生ける人形》(1929)がヒットしてからである。左翼思想といっても時流に乗った形式的なものであったと内田吐夢はのちに回顧しているが,地方から東京へ出てきて打算的な立身出世主義を処世哲学とする野心的な1人の青年が,生きている人形のように翻弄(ほんろう)される無残な姿を描いて,資本主義社会の巨大なからくりと冷酷さをあばいた映画であった。…

※「片岡鉄兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

片岡鉄兵の関連キーワード火野葦平井伏鱒二里見弴岡山学院大学仏文仏文科慶応大山川方夫岡山県岡山市北区大学町松平 頼則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片岡鉄兵の関連情報