コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大池唯雄 オオイケタダオ

2件 の用語解説(大池唯雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおいけ‐ただお〔おほいけただを〕【大池唯雄】

[1908~1970]小説家。宮城の生まれ。本名、小池忠雄。「兜首(かぶとくび)」「秋田口の兄弟」で直木賞受賞。幕末や明治維新などを題材にした歴史小説を書いた。他に「おらんだ楽兵」「炎の時代」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大池唯雄 おおいけ-ただお

1908-1970 昭和時代の小説家。
明治41年10月30日生まれ。昭和12年「サンデー毎日」の懸賞で「おらんだ楽兵」が入選。14年「秋田口の兄弟」「兜首(かぶとくび)」で直木賞を受賞。戦後は郷里の宮城県柴田町公民館長もつとめた。昭和45年5月27日死去。61歳。東北帝大卒。本名は小池忠雄。作品はほかに「炎の時代」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大池唯雄の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業東欧映画中南米映画監獄法朝鮮映画新聞小説永堀剛敏RCA

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大池唯雄の関連情報