コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大白鳥/大鵠 オオハクチョウ

デジタル大辞泉の解説

おお‐はくちょう〔おほハクテウ〕【大白鳥/大×鵠】

カモ科の鳥。全長約1.4メートル。全身白色で、くちばしの黄色い部分はコハクチョウより大きい。脚は黒色。ユーラシア北部で繁殖し、日本には冬鳥として渡来。青森県東津軽郡小湊(こみなと)の渡来地では特別天然記念物、新潟県の瓢湖(ひょうこ)では天然記念物に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおはくちょう【大白鳥】

カモ目カモ科の鳥。翼を広げると2メートルを超す。体は純白で脚は黒。くちばしは黒く、付け根が黄色。ユーラシア北部に広く分布。日本には冬鳥として渡来。越冬地として新潟の瓢湖が著名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大白鳥 (オオハクチョウ)

学名:Cygnus cygnus
動物。ガンカモ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

大白鳥/大鵠の関連キーワードY. コッコ沢木欣一ひょうコッコ分布瓢湖

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android