大白鳥/大鵠(読み)オオハクチョウ

デジタル大辞泉の解説

おお‐はくちょう〔おほハクテウ〕【大白鳥/大×鵠】

カモ科の。全長約1.4メートル。全身白色で、くちばしの黄色い部分はコハクチョウより大きい。脚は黒色ユーラシア北部で繁殖し、日本には冬鳥として渡来。青森県東津軽郡小湊(こみなと)の渡来地では特別天然記念物、新潟県の瓢湖(ひょうこ)では天然記念物に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおはくちょう【大白鳥】

カモ目カモ科の鳥。翼を広げると2メートルを超す。体は純白で脚は黒。くちばしは黒く、付け根が黄色。ユーラシア北部に広く分布。日本には冬鳥として渡来。越冬地として新潟の瓢湖が著名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐はくちょう おほハクテウ【大白鳥】

〘名〙 カモ科の鳥。全長一・三~一・五メートル。体重は最高一二キログラムを超え、日本の鳥の中では最も重い。全身白色で、くちばしは黄色、脚は黒色。主食水生植物。ユーラシア大陸の北部で繁殖し、日本には冬に渡来する。青森県小湊などの渡来地は国の天然記念物に指定されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android