コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大礼の議 たいれいのぎDa-li; Ta-li

2件 の用語解説(大礼の議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大礼の議
たいれいのぎ
Da-li; Ta-li

中国,明の嘉靖帝時代 (1521~66) の政争。弘治帝の子正徳帝には子も兄弟もなかったので,遺詔により弘治帝の弟興献王の子厚そうが迎立されて嘉靖帝となったが,その生父興献王の祭礼と尊号をめぐって紛議が生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいれいのぎ【大礼の議】

中国,明代嘉靖(1522‐66)初期の朝廷の紛議。弘治帝の子正徳帝は,子も兄弟もなくして没したため,弘治帝の弟興献王の子が迎えられて嘉靖帝となった。嘉靖帝は正徳帝の従弟に当たる。このとき大学士楊廷和,礼部尚書毛澄らは,洪武帝の遺訓と先朝の例を引いて,嘉靖帝は生父母との親子関係を改めて叔父母関係とし,正徳帝を兄とするとともに,弘治帝夫妻を父母とし,それぞれその礼式をもって処遇すべきだと主張した。しかし嘉靖帝はこれを喜ばなかったので,その意に投じた進士張璁(ちようそう),南京刑部主事桂蕚(けいがく)らは,天子の孝道を全うするためには,生父母との親子関係を断つことなく,宮城内に別に廟(みたまや)を建ててこれを祭り,弘治帝夫妻は伯父母関係とすべきだと主張し,廷議はこれに落着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大礼の議の関連キーワード大永レオ赤松義村伊勢貞陸武田元信マヌエル[1世]中渡りレオベレンの塔足利義晴

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone