コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大礼の議 たいれいのぎDa-li; Ta-li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大礼の議
たいれいのぎ
Da-li; Ta-li

中国,明の嘉靖帝時代 (1521~66) の政争。弘治帝の子正徳帝には子も兄弟もなかったので,遺詔により弘治帝の弟興献王の子厚そうが迎立されて嘉靖帝となったが,その生父興献王の祭礼と尊号をめぐって紛議が生じた。大学士楊廷和らは嘉靖帝に弘治帝を皇考 (父) ,興献王を皇叔父と称するように上言したが帝はこれを喜ばず,一方帝の意をくんだ桂萼らは弘治帝を伯父の関係とすべしと上言した。結局弘治帝を皇伯考 (伯父) ,興献王を皇考とすることで決着したが,その間4年にわたり廷論は2分され,紛糾した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいれいのぎ【大礼の議】

中国,明代嘉靖(1522‐66)初期の朝廷の紛議。弘治帝の子正徳帝は,子も兄弟もなくして没したため,弘治帝の弟興献王の子が迎えられて嘉靖帝となった。嘉靖帝は正徳帝の従弟に当たる。このとき大学士楊廷和,礼部尚書毛澄らは,洪武帝の遺訓と先朝の例を引いて,嘉靖帝は生父母との親子関係を改めて叔父母関係とし,正徳帝を兄とするとともに,弘治帝夫妻を父母とし,それぞれその礼式をもって処遇すべきだと主張した。しかし嘉靖帝はこれを喜ばなかったので,その意に投じた進士張璁(ちようそう),南京刑部主事桂蕚(けいがく)らは,天子の孝道を全うするためには,生父母との親子関係を断つことなく,宮城内に別に廟(みたまや)を建ててこれを祭り,弘治帝夫妻は伯父母関係とすべきだと主張し,廷議はこれに落着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大礼の議の関連キーワード鄒守益張そう楊慎

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android