コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大秦 だいしん Da-qin; Ta-ch`in

6件 の用語解説(大秦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大秦
だいしん
Da-qin; Ta-ch`in

中国の史書にみえる国名。後漢の時代に知られ,桓帝の延熹9 (166) 年にその王安敦 (ローマ皇帝マルクス・アウレリウス ) の使いと称する者が海路中国に来た。この国がどこであるか諸説があるが,一般にローマ帝国あるいはローマ領の西南アジアをさすと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいしん【大秦】

代の中国で、ローマ帝国あるいはその東方領土の呼称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大秦【だいしん】

中国の史書に記された西方の国。後漢のころ班超の部下の甘英によって知らされた。その位置についてはアラビア半島説,シリアメソポタミアのローマ帝国領説,ローマ帝国説などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいしん【大秦 Dà qín】

後漢以降の,史書に現れる西方の国。後漢の班超の西域経営以後,西方に中国に劣らぬ文明国の存在が伝えられ,〈大いなる秦〉と呼んだ。その王安敦(すなわちローマ皇帝マルクスアウレリウス)の使者と称する者も到来した。この呼称が,ローマ帝国全体をさしたのか,その一部の東方領だけかについては諸説がある。また語源についても,イラン語で西方を意味するdashinaの音訳とする説もある。南北朝期より東ローマ(ビザンティン)帝国は払菻(ふつりん)(ルーム)の実名で明確に認識された反面,大秦は空想の国となり,唐代景教の伝播とともにキリスト生誕地にあてられるなど観念化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいしん【大秦】

漢代の中国人が、ローマ帝国あるいはその東方領土を呼んだ名称。だいしん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大秦
たいしん

中国、後漢(ごかん)の時代に交流があった西方の大国ローマ帝国をさす名称。『後漢書(ごかんじょ)』『魏(ぎ)書』などには「大秦国は一名犂(れいけん)。海の西にあるので海西国ともいう。人民は端正、長大で、衣服、車旗が中国に似ていることから(秦に対応させて)、大秦とよんだ」と記録されている。ローマ帝国領東部のシリアやアレクサンドリアなどをさすという説もあるが、一般にはローマ帝国本土と考えるほうが妥当であろう。後漢の桓(かん)帝延熹(えんき)9年(166)に大秦王安敦(あんとん)(マルクス・アウレリウス・アントニウス)が洛陽(らくよう)に使者を派遣したことも伝えられている。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大秦の言及

【甘英】より

…西域経営で大活躍した班超の部将である。97年(永元9)に班超の命令で大秦国(ローマ帝国)への使者となって出発した。安息国(パルティア)を過ぎて条支(じようし)国まで進んだが,そこから大秦にいたる航海が危険であると聞いて引きかえした。…

【大秦景教流行中国碑】より

…西安の陝西省博物館内の碑林に現存する。唐の781年(建中2),唐都長安の義寧坊にあった大秦寺に立てられたもので,明代の末年に同寺のあと金勝寺の境内から発掘された。景教とは当時の中国人がネストリウス派のキリスト教を呼んだ語であり,大秦とはその発生地ローマ帝国の東方領をさし,寺院を大秦寺(中国へは直接ペルシアから伝わったので,初めは波斯寺と称した)といったのである。…

※「大秦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大秦の関連キーワード悦般後漢月旦評絳帳三史三略斉眉白虎通義北邙一壺天

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大秦の関連情報