コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腸菌群数 だいちょうきんぐんすうcount of coliform group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大腸菌群数
だいちょうきんぐんすう
count of coliform group

一定量の試料をとって,一定の方法で培養したときに現れてくる大腸菌群落の数。一般に水や食品中の大腸菌の存在は,人畜の屎尿による汚染か,またはその可能性を意味する。定量試験によって大腸菌群数を測定して汚染の程度を推定する。水質汚濁防止法における排出基準では,1日の平均的な汚染状態についての許容限度を 3000個 /cm3 と定めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいちょうきんぐんすう【大腸菌群数】

大腸菌Escherichia coliE.freundii,Aerobacter aerogenesの細菌を含めて大腸菌群と総称する。大腸菌群は通常,人や哺乳類の腸管に生息しており,それ自身は病原性を有さないが,これが水中に存在することは,多くの場合その水が人畜の屎尿(しによう)で汚染されていることを意味する。したがって腸管性疾患を引き起こす赤痢菌や腸チフス菌など水系伝染病菌の存在を間接的に推定する指標微生物となっており,また水中の検出が容易で確実であるので,屎尿による汚染の有無を直接知るもっとも重要な指標でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大腸菌群数の関連キーワード水質環境基準生活環境項目環境基準排水基準

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大腸菌群数の関連情報