コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅行者下痢症 リョコウシャゲリショウ

デジタル大辞泉の解説

りょこうしゃ‐げりしょう〔リヨカウシヤゲリシヤウ〕【旅行者下痢症】

旅行者が滞在先などで発症する下痢。疲労・ストレス・慣れない食事などで起こるほか、病原性大腸菌サルモネラ菌などによる食中毒の場合がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の旅行者下痢症の言及

【大腸菌】より

…病原大腸菌には,腸管侵襲性,腸管毒素原性,腸管病原性大腸菌,腸管出血性大腸菌の4種類のものが知られている。腸管毒素原性大腸菌は,毒素(エンテロトキシン)を産生し,熱帯・亜熱帯地域の旅行者下痢症の原因菌である。また近年,食中毒事例が目立ってきている病原大腸菌O-157は,ベロ毒素と呼ばれる赤痢菌様毒素を産生する腸管出血性大腸菌である。…

※「旅行者下痢症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旅行者下痢症の関連キーワード輸入感染症検疫感染症大腸菌旅行者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android