コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆説得 たいしゅうせっとく mass persuasion

2件 の用語解説(大衆説得の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大衆説得
たいしゅうせっとく
mass persuasion

おもに言語シンボルコミュニケーションによって,抵抗を感じさせることなく大衆の意見,態度,信念をあらかじめ意図した方向に変容させる過程および技術。大衆の価値観を変えたり,社会的固定観念を修正したり,新しい政治的イデオロギーを強制しようとする説得活動は,社会や集団内部において価値分裂や支配層,被支配層の分裂が著しいとき,支配層が政治技術として行うとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大衆説得
たいしゅうせっとく
mass persuasion

大衆を操縦する一つの方法で、とりわけ情緒的な手段を用いて、大衆の意見、態度、信念を、あらかじめ意図する方向に変容させたり、一定の行為をおこさせるプロセスをいう。こうした大衆説得が広く可能となった要因として、マス・コミュニケーションの発達があげられる。個人間コミュニケーションでの説得に比べ、マスコミによるそれは、強力かつ大規模で、多数の人々に訴えかけることを可能とした。大衆説得の効率をあげるためには、理性的な訴えよりも、感情的なアピールの技法を用いながら、「推薦する意見」によって大衆の態度変容を計画し実施することが必要である。大衆説得に対する古典的研究として、1943年にアメリカコロンビア放送局が行った戦時債券購買キャンペーンの効果についてのR・K・マートンの研究が有名である。しかし、従来の情緒的な訴えかけだけでなく、説得コミュニケーションpersuasive communicationによる大衆説得が重要になってきた今日的状況をも見逃すことはできない。[林 茂樹]
『R・K・マートン著、柳井道夫訳『大衆説得』(1973・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大衆説得の関連キーワードテレコミュニケーションコミュニケーション・チャネル人的コミュニケーション・チャネルパーソナルコミュニケーションディスコミュニケーションコミュニケーションスキルコミュニケーション能力日経コミュニケーションコミュニケーション・ミックスノンバーバル・コミュニケーション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大衆説得の関連情報