コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西洋奴隷貿易 たいせいようどれいぼうえき

百科事典マイペディアの解説

大西洋奴隷貿易【たいせいようどれいぼうえき】

15世紀の大航海時代とともに始まって16世紀に本格化し,19世紀末期まで続いたヨーロッパ人によるアフリカ奴隷貿易。この間,セネガル以南のアフリカ西海岸を下ってインド洋側のモザンビークにいたる地域から1000万とも1500万ともいわれるアフリカ人が奴隷として輸出された。
→関連項目アフリカ移民ウォロフ王国オランダ領アンティルカリブ海コンゴ王国サントメ・プリンシペシマロン商業革命ナイジェリアベンゲラヨルバラテン・アメリカ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大西洋奴隷貿易の関連キーワードプランテーション奴隷廃止運動アフリカ史人種問題

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android