コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商業革命 しょうぎょうかくめい Commercial Revolution

6件 の用語解説(商業革命の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商業革命
しょうぎょうかくめい
Commercial Revolution

15世紀末の大航海時代以後に生れた新たな世界商業体系および経済構造の変革過程の総称。インド航路の開拓によってアジア貿易の幹線は大西洋インド洋に移り,おもに銀と香料とを交換して栄えたイタリアおよび南ドイツの諸都市が衰微しはじめ,ポルトガルが台頭した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうぎょう‐かくめい〔シヤウゲフ‐〕【商業革命】

15世紀末のヨーロッパ人によるアメリカ大陸発見と東インド航路開拓とを契機として起きた、世界貿易の構造の大変革。これにより、それまで地中海商業圏に局限されていた商業がアメリカ・アジア・アフリカへと広がった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

商業革命【しょうぎょうかくめい】

15世紀末のコロンブスの新世界への到達とガマのアフリカ迂回(うかい)新航路の開拓をはじめとする〈地理上の発見〉(大航海時代)がもたらした経済史上の変革。イタリア,ドイツの東方貿易を衰えさせ,スペイン,ポルトガル,オランダ,英国に世界貿易の覇権を握らせ,ひいてヨーロッパ織物工業の勃興(ぼっこう)を促して資本主義発展の前提をつくった。
→関連項目イタリア産業革命

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぎょうかくめい【商業革命 Commercial Revolution】

バスコ・ダ・ガマの東インド航路の発見(1498)とコロンブスによる新世界の発見(1492)をはじめとするいわゆる〈地理上の発見〉(大航海時代)によって,世界貿易の構造が一変し,またその結果としてヨーロッパ内部に勢力の交替や経済,社会,生活上の変化が生じたことをいう。ポルトガルが喜望峰経由の新航路によってアジアに進出した結果,地中海経由の東方貿易で繁栄していたイタリア諸都市は打撃をうけ,17世紀になってより強力なオランダやイギリスがアジア貿易を展開すると,完全に没落した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうぎょうかくめい【商業革命】

大航海にともなって一六世紀に起きたヨーロッパ経済の構造の大変革。それまでの地中海・北海・バルト海交易から,大西洋経由西インド(新大陸)・東インド(東洋)交易に重点が移行した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商業革命
しょうぎょうかくめい
commercial revolution

11世紀から13世紀にかけて、とくに十字軍以後の東西ヨーロッパでは遠隔地商業が一時革命的発展をみた。その後15世紀初めごろから開始される大航海時代に、クリストバル・コロン(コロンブス)による新大陸への航路、バスコ・ダ・ガマのアフリカ南端回航による東洋への新航路などが開発された。その結果、ヨーロッパでは、それまでの地中海および北海、バルト海を中心とする、主としてイタリア商人の活躍した商業圏が構造的に衰退し、セビーリャ商人とカディス商人を主体とするスペインの新大陸=西インド貿易(毛織物などのヨーロッパ産物と新大陸の銀との交換)と、ポルトガルを中心とする東洋=東インド貿易(中国の絹、東南アジアの香料、日本の銅・銀などを主体とする半強制的貿易)がこれにかわった。商圏が世界的規模に拡大され、約1世紀にわたりイベリアの2国がその支配体制を確立する。一般にこれを商業革命とよぶが、新大陸からの莫大(ばくだい)な量に上る銀の流入は、スペインをはじめヨーロッパに価格革命と称する物価騰貴をもたらし、中世末期まで栄えた南ドイツの銀山は衰退し、ヨーロッパ商業資本の発展の陰に大きな構造的変化をもたらした。やがてオランダ、イギリスの商業資本が主として東インド商業圏に侵入し、さらには大英植民地帝国に代表される帝国主義時代につながる先駆的役割を果たした。これを近代資本主義形成の一つの支柱とする考え方もある。[飯塚一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の商業革命の言及

【産業革命】より

…それが産業資本主義の確立を伴ったという意味では,資本と労働の供給,原料供給や製品市場が問題となる。これらの条件を歴史的に準備したのは,エンクロージャーをはじめとする農業の変革(いわゆる〈農業革命〉)と,重商主義帝国の形成を背景とした貿易の成長(いわゆる〈商業革命〉)であったといえよう。エンクロージャーやノーフォーク農法(輪栽式農業)の採用によって,一方では農民は土地に対する権利を失って賃金プロレタリアート化したが,他方では,農業の生産性が高まって,人口増加が可能になった。…

【商業】より

…17世紀中にこのような大転換が生じたのである。【清水 広一郎】
[近代ヨーロッパと世界商業]
 バスコ・ダ・ガマのインドへの航海とコロンブスの新世界の発見によって幕を開けた〈大航海時代〉には,ヨーロッパを中心とし,アジア,アフリカ,アメリカ(南北両大陸,カリブ海を含む)を結ぶグローバルな商業のネットワークが成立した(いわゆる商業革命)。アジアやアメリカの特産物=ステープル(メキシコやペルーの銀,ブラジル,カリブ海の砂糖,バージニアなどのタバコ,アジアの香料やコショウ,茶など)がヨーロッパにもたらされ,毛織物その他の雑多な工業製品がアメリカに送られ,アジアには主として銀が送られた。…

※「商業革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

商業革命の関連キーワードアビス朝カリカット喜望峰コーチンバスコ・ダ・ガマインド航路がま東インドアフリカの女マヌエル[1世]

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone