コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷亮吉 おおたに りょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷亮吉 おおたに-りょうきち

1875-1934 大正-昭和時代前期の科学史家。
明治8年生まれ。学士院嘱託として研究をおこない,大正6年「伊能忠敬(いのう-ただたか)」を刊行,科学者の伝記としてたかい評価をうける。のち大阪高と三高の教授をつとめた。昭和9年死去。60歳。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷亮吉
おおたにりょうきち
(1875―1934)

科学史家。兵庫県に生まれる。東京帝国大学物理学科を卒業。病身のためとくに職につかず、学士院嘱託として研究を行った。彼のもっとも大きな仕事は、大著『伊能忠敬(いのうただたか)』の刊行である(1917)。本書は第1編が忠敬の経歴、第2編が測地事業、第3編が忠敬の師友や門弟について記している。郷土史料、忠敬の測量日記、測量用具や使用法、高橋至時(よしとき)、間重富(はざましげとみ)ら関係者の史料などを駆使し、測地については近代物理学的な視点からも評価するなど、科学者の伝記として優れたものである。大正末年になって大阪高等学校および第三高等学校の兼任教授となった。[菊池俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大谷亮吉の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎フランス共和国憲法日本郵便制度史(年表)伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android