コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷広次(初代) おおたに ひろじ

2件 の用語解説(大谷広次(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷広次(初代) おおたに-ひろじ

1696-1747 江戸時代中期の歌舞伎役者。
元禄(げんろく)9年生まれ。初代大谷広右衛門の子。元禄13年初舞台。立役(たちやく)として人気を得,享保(きょうほう)12年「八陣太平記」で2代市川団十郎の相手役で荒事(あらごと)を演じ評判となった。「せり出し」「引き抜き」の創始者とされる。延享4年5月25日死去。52歳。江戸出身。俳名は十町。屋号は丸屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大谷広次(初代)

没年:延享4.5.25(1747.7.2)
生年:元禄9(1696)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名十町,屋号丸屋。初代大谷広右衛門の子。江戸生まれ。元禄14(1701)年初舞台。享保4(1719)年には評判記で立役上上吉に位付けされる。その活躍ぶりから2代目市川団十郎,初代沢村宗十郎,初代坂東彦三郎らと共に立役の四天王と呼ばれ,人気があった。曾我狂言の鬼王や朝比奈,あるいは男伊達(侠客)などの役を得意とする大柄な芸風を見せる一方,せり出し(1727),衣裳の引き抜き(1731)を工夫するなど,演出面での功績も残した。

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷広次(初代)の関連キーワード大谷広次(五世)歌舞伎役者大谷徳次(初代)大谷広次(3代)大谷広次(4代)小佐川常世(2代)仙国彦助(2代)中村七三郎(4代)中村助五郎(3代)宮崎十四郎(3代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone