大谷広次(大谷広治)(読み)おおたにひろじ

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにひろじ【大谷広次(大谷広治)】

歌舞伎役者。(1)初世(1696‐1747∥元禄9‐延享4) 前名大谷広次郎。俳名十町。屋号丸屋。通称大十町。初世大谷広右衛門の子。1701年(元禄14)冬,江戸森田座で初舞台を踏み,のち芝神明の芝居修業。11年(正徳1),2世市川団十郎から荒事のを譲られ,以来,嫌味がなく,小気味のよい実事の芸風開拓一方,17年(享保2)夏末,江戸市村座の《国性爺》に水がらくりを用いたり,27年冬,江戸中村座の《八棟(やつむね)太平記》で雪中のセリ出しを試みたり,31年春,同座の《傾城福引名護屋》では,立回りのうちに,世話から時代へと衣装を変える引抜きを工夫するなど,演出面にもさまざまな創意を見せた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android