コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷広次(大谷広治) おおたにひろじ

1件 の用語解説(大谷広次(大谷広治)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにひろじ【大谷広次(大谷広治)】

歌舞伎役者。(1)初世(1696‐1747∥元禄9‐延享4) 前名大谷広次郎。俳名十町。屋号丸屋。通称大十町。初世大谷広右衛門の子。1701年(元禄14)冬,江戸森田座で初舞台を踏み,のち芝神明の芝居で修業。11年(正徳1),2世市川団十郎から荒事の芸を譲られ,以来,嫌味がなく,小気味のよい実事の芸風を開拓。一方,17年(享保2)夏末,江戸市村座の《国性爺》に水がらくりを用いたり,27年冬,江戸中村座の《八棟(やつむね)太平記》で雪中のセリ出しを試みたり,31年春,同座の《傾城福引名護屋》では,立回りのうちに,世話から時代へと衣装を変える引抜きを工夫するなど,演出面にもさまざまな創意を見せた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大谷広次(大谷広治)の関連キーワード役者論語野郎歌舞伎歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎者歌舞伎役者古今節役者子供段助中村勘之丞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone