コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大農論 だいのうろん

1件 の用語解説(大農論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいのうろん【大農論】

欧米の農法を導入し,畜力・機械を使用する大規模農業を日本に移植しようとする主張。在来の零細分散的な日本農業の改良のために唱えられたもので,明治初期の殖産・勧農政策の一部をなす発想である。具体的には広大な未開発地を有する北海道を管轄する開拓使の農事試験機関や札幌農学校などで実験や教育が行われた。この主張が現実に社会的な意味をもつにいたったのは,1880年代後半から90年代にかけてであり,1886年に北海道を視察した井上馨やマックス・フェスカがこれを主張したこと,88年札幌農学校教授佐藤昌介が《大農論》を著したことなどがそのきっかけとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大農論の関連キーワード和牛機械化機械掘り畜力農法パイロットファーム機素畜力機フランドル農法手打ちそば

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone