コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大間知篤三 おおまちとくぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大間知篤三
おおまちとくぞう

[生]1900.4. 富山
[没]1970.2.26.
民俗学者。東京帝国大学独文科卒業。家族・婚姻を中心に社会構造の民俗学的研究を進め,柳田国男のもとで研究を行いながら柳田民俗学を批判し続けた。大学在学中から左翼運動に参加し,三・一五事件に連座して検挙されたが,のちに転向して柳田門下で民俗学の研究を開始。 1939年満州の建国大学に招かれ,北アジア諸民族のシャーマニズムの調査研究に従事した。第2次世界大戦後は,柳田とともに『民俗学辞典』や学会機関誌『民間伝承』の編集にあたった。また,全国山村調査を行うなかで,茨城県北部の山村に隠居制に基づく家族を発見,一つの家族でありながら親夫婦と子供夫婦が別々に日常生活を送る形態に衝撃を受け,故郷の北陸の大家族とは大きく異なることから,隠居制家族を基軸とする地域的な家族類型論を展開した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大間知篤三 おおまち-とくぞう

1900-1970 昭和時代の民俗学者。
明治33年4月9日生まれ。昭和8年より柳田国男に師事。民間伝承の会(現日本民俗学会)の創立に参加。14年満州(中国東北部)の建国大講師となり,のち教授。戦後は民俗学研究所同人。昭和45年2月26日死去。69歳。富山県出身。東京帝大卒。著作に「八丈島―民俗と社会」「婚姻の民俗学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大間知篤三の関連キーワードシャーマニズム大間知 篤三昭和時代足入れ婚満洲族

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android