コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大類伸 おおるいのぶる

3件 の用語解説(大類伸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大類伸
おおるいのぶる

[生]1884.2.22. 東京
[没]1975.12.27. 藤沢
歴史学者。東京大学卒業 (1906) 。東北大学教授 (24) 。同大学名誉教授。日本城郭研究で学位 (15) 。西洋の中・近世史を文化史観によって研究。また日本でのルネサンス研究の草分けとして知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大類伸 おおるい-のぶる

1884-1975 大正-昭和時代の西洋史学者。
明治17年2月2日生まれ。ヨーロッパ留学後,大正13年東北帝大教授となる。のち日本女子大,明大の教授。西洋の中世文化史,ルネサンス史の研究で知られた。また日本の城郭を研究した。学士院会員。昭和50年12月27日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。旧姓は伊藤。著作に「西洋史新講」「ルネサンス文化の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大類伸
おおるいのぶる
(1884―1975)

歴史学者、文学博士東北帝国大学名誉教授、学士院会員。東京に生まれる。東京帝国大学史学科卒業。同大学講師、助教授を経て、1924年(大正13)東北帝国大学教授。その間に西洋中世史研究のためフランスドイツイタリアに留学(1920~22)する。東北帝大退官(1944)後、日本女子大学明治大学教授を歴任。J・ブルクハルトやK・ランプレヒトの学説摂取に基づく文化史観を掲げ、昭和初期のわが史学研究に多大な影響を与えた。『城郭の研究』、『日本城郭史』(共著)は日本城郭史の最初の体系的な学的研究であり、『西洋中世の文化』『ルネサンスの研究』はおのおのの研究分野における画期的著作であった。さらに『西洋史新講』『西洋文化史観』はその文化史観を示す通史であり、歴史理論と方法論は『現代史学』『概論歴史学』などに述べられている。また『歴史と自然と人』『桃山の春』などの随筆集は博士の美意識や歴史観を示すものである。[小室榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大類伸の言及

【西洋史学】より

…日本の西洋史学は,日本史,東洋史と同様,1887年帝国大学(現,東京大学)に新設された史学科に,ドイツの歴史家L.リースが招かれ,近代歴史学の実証的な研究方法を伝えたことをつうじて,その学問的基礎を獲得した。その後,明治後期,大正から昭和10年ごろにいたる,いわば西洋史学の開拓時代には,リースがランケの門弟だったこともあって,箕作元八(近代フランス史),村川堅固(1875‐1946,ギリシア・ローマ史)らに代表される政治史が主流で,大類伸(1884‐1975),原随園(1894‐1984)らのリードする文化史はむしろ副次的位置を占め,また一般に対象が著しく西欧諸大国にかたよる傾向を示した。この西欧志向は,明治いらいの〈文明開化〉主義を反映するものであり,日露戦争とともに根づいた国史,東洋史,西洋史の三学科体制と相まって,アジアにおける日本の先進国意識が歴史の研究・教育を深く規定するようになった。…

※「大類伸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大類伸の関連キーワード荒井恵小室順太郎坂崎坦瀬戸慶久近山金次堀米庸三間崎万里村川堅固吉岡力渡辺寛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone