天一天上(読み)てんいちてんじょう

  • てんいちてんじょう ‥テンジャウ
  • てんいちてんじょう〔テンジヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方違の神である天一神 (なかがみ) が天に上がっている日をいう。日本の陰陽家の説では,天一神は癸巳 (みずのとみ) の日から 16日間は天に上がっており,この期間には,人がどの方角に向って物事を行なってもさしさわりがないが,その他の日には,天一神は地上を遊行し,その方角に向って物事を行なってはならないとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

陰陽道(おんようどう)で、天一神(なかがみ)が天に上っているという日。癸巳(みずのとみ)の日から戊申(つちのえさる)の日までの16日間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

暦注の一。天一神が天に上る癸巳の日、また、その日から16日間。方角の禁忌のない期間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 民間暦で、天一神が天に上っている期間。癸巳(みずのとみ)の日から戊申(つちのえさる)の日までの一六日間の称。この間は天一神の祟りがなく、どこへ出かけるにも吉とされ、縁起をかつぐ相場師はこの日を相場が上騰する諺として用いた。ただし、この一六日間は、天一神が天に上るかわりに、日遊神(天一の火神といわれる)が地におり、人家にとどまって祟りをするので、この間中は屋内を清潔にせよともいう。天一。
※小右記‐長和三年(1014)三月六日「天一天上之間、蓋屋同所忌也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天一天上の言及

【方違】より

…天一神忌は860年ころにはじまり《源氏物語》の〈手習〉には僧都が長谷寺参詣の帰り,病んだ母尼を小野の家へつれもどすべきを,天一神の方塞りで宇治院に移した話をのせ,〈帚木〉では源氏が内裏から方塞りの左大臣邸へきて女房たちのすすめで伊予守の家へ移った次第が述べられている。しかしこの神が天上に上る日は天一天上とて何事も吉とされ,藤原実資はその日に寝殿の檜皮をふかせた。王相は月塞りの禁忌であり,八将神は大歳,大将軍,大陰,歳刑,歳破,歳殺,黄旛,豹尾の諸神をさす。…

※「天一天上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android