コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天一神 なかがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天一神
なかがみ

陰陽道でいう暦神の一つ。中神,長神,「てんいちじん」ともいう。 12神将の主将,地星の霊,天女の化身など諸説がある。己酉 (つちのととり) の日に天から降り,四隅四方をめぐること 44日,癸巳 (みずのとみ) の日に天にのぼる。天上にいる間 (16日) を天一天上 (てんいちてんじょう) といって,さわりとなる方角はないが,地上にいる間 (44日) は,この神のいる方角を「ふたがり」といい,その方角に向って事をなすことを忌み,方違をする。逆にこの方角を吉とする説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんいち‐じん【天一神】

なかがみ(天一神)

なか‐がみ【天神/中神】

陰陽道(おんようどう)で、八方を運行し、吉凶禍福をつかさどるとされる神。己酉(つちのととり)の日に天から下り、東・西など四方に5日ずつ、北東・南東など四隅には6日ずついて合計44日、癸巳(みずのとみ)の日に正北から天に上って16日間天上にいて己酉の日に再び下って前のように遊行する。この神の遊行の方角を塞がりといい、その方角に向かう場合は、方違(かたたが)えをする。てんいちじん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんいちじん【天一神】

陰陽道おんようどうでまつる神の名。己酉つちのととりの日に天から降り、家の東北隅から、44日間で南西北と一巡して癸巳みずのとみの日に正北から上天する。この神のいる方角に向かって行くことを避けた。さすがみ。なかがみ。天一。 → 方塞かたふたがり

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の天一神の言及

【方違】より

…外出するのにその方角が禁忌とされる場合,前日に他の方角へ赴いて泊まり,そこから目的の地にゆくものである。方忌の根拠としては生年の干支である本命から個人的に凶方を割り出し,これを避けるものと,天一神(中神(なかがみ)),太白神,金神,王相,八将神,土公神などの諸神が遊行する方角や鬼門を忌む人々に共通のものとがある。前者は865年(貞観7)8月21日に清和天皇が東宮より内裏に移ろうとしたとき,天皇の本命が庚午で,東宮より内裏の方向である乾は絶命に当たるゆえ避けらるべきことを陰陽寮が上奏し,このためいったん太政官曹司庁に入っており,これが初例とされている。…

※「天一神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天一神の関連キーワード指す神・差す神天之御中主神中神・天一神天一太郎方塞がり日塞がり指す神陰陽道方違え石神天一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天一神の関連情報