天光軒 満月(初代)(読み)テンコウケン マンゲツ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

天光軒 満月(初代)
テンコウケン マンゲツ


職業
浪曲師

本名
西依 幾蔵

生年月日
明治27年 10月15日

出生地
佐賀県 三養基郡基山町

経歴
幼少のころから浪曲家を志し、小学校を出ると同時に地方回りの一座に加わって修業。17歳で独立し、その美声を認められて大阪の浪曲定席「天満の国光席」に出演するチャンスに恵まれ、席の名にちなんで“天光軒満月”と命名された。150センチ足らずの小男ながら、腹からほとばしる美声のため名声は関東にも知れわたり、「父帰る」「常陸丸」「召集令」「近藤勇」などの名作を残している。

没年月日
昭和24年 4月30日 (1949年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

天光軒 満月(初代) (てんこうけん まんげつ)

生年月日:1898年10月15日
昭和時代;平成時代の浪曲家
1949年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる