コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天栄[村] てんえい

世界大百科事典 第2版の解説

てんえい【天栄[村]】

福島県中南部,岩瀬郡の村。人口7153(1995)。中通り地方南部にあり,北は郡山市会津若松市に接する。村域の大半が山林で,村の西半分は那須岳に連なる標高1500m以上の山々におおわれ,耕地は東部の阿武隈川の支流に沿ってわずかに点在する。中心集落の牧之内近世,会津本街道の宿駅で,明治後期~大正初期には馬市が開かれてにぎわった。米作や野菜栽培,養蚕畜産を中心とする農業が主産業であるが,近年過疎化が進み,1955年当時1万人をこえた人口は激減し,60年には過疎地域指定を受けたが,近年は企業誘致と住宅団地造成により人口はわずかながら増加に転じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

天栄[村]の関連キーワードトーユン市マウントバーノン神戸市の要覧

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android