天栄村(読み)てんえい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天栄〔村〕
てんえい

福島県南部,奥羽山脈東斜面にある村。 1955年広戸,湯本,牧本,大里の4村が合体して成立。かつての会津街道宿駅で,昔の形態を現存。大部分が山地で,農業が主産業。キュウリを特産し,漬物に加工される。村内羽鳥ダムや竜生ダムがある。特に羽鳥ダム地帯は温泉もあり,近年スキー場やオートキャンプ場も整備されて観光地化が進んでいる。大川羽鳥県立自然公園に属する。国道 118,294号線が通る。面積 225.52km2。人口 5611(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天栄村の関連情報