コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日秀尼 にっしゅうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日秀尼 にっしゅうに

1533-1625 織豊-江戸時代前期の尼僧。
天文(てんぶん)2年生まれ。豊臣秀吉の姉。日蓮宗三好吉房と結婚し,豊臣秀次ら3人の子を生む。文禄(ぶんろく)4年秀次が秀吉に切腹させられたのを機に出家,山城(京都府)嵯峨(さが)に善正寺,村雲に瑞竜(ずいりゅう)寺をひらいた。寛永2年4月24日死去。93歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗名はとも。字(あざな)は妙慧。号は瑞竜院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日秀尼の関連キーワードジェームズJamesチャールズ1世阿佐井野宗瑞カルバン月舟寿桂ピサロ(Francisco Pizarro)ラブレー総合年表(アメリカ)エリザベス朝

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone