太刀筋(読み)たちすじ

精選版 日本国語大辞典「太刀筋」の解説

たち‐すじ ‥すぢ【太刀筋】

〘名〙
① 太刀のつかい方。太刀を使う手筋。また、太刀のつかい方の素質。
※五輪書(1645頃)水の巻「此五つの太刀筋にてわが太刀の道をも知り」
※室町殿物語(1706)一二「御太刀筋をも一覧仕度存候て、案内をも申さず」
② 太刀を打ち込む方向。太刀の通っていく道筋。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)四「太刀筋かはしてかいくぐるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「太刀筋」の解説

たち‐すじ〔‐すぢ〕【太刀筋】

太刀の使い方。剣を扱う才能。「太刀筋が乱れない」「太刀筋がよい」
相手を責めたてる言葉や文章。太刀先。
「ホホと笑う慣れきった返しの―」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android