コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手筋 テスジ

2件 の用語解説(手筋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐すじ〔‐すぢ〕【手筋】

手のひらに現れている筋。「手筋で運勢を占う」
書画・芸事・武芸など、手先を使ってする事柄の素質・天分。「バイオリンの手筋がいい」
囲碁・将棋で、攻防の基本となる手をうまく活用すること。また、ある局面にいちばん適した手。「碁の手筋を覚える」
手段。てだて。
「その儀について、拙者方にも―もござれば」〈伎・五大力
世話を頼む相手。つて。てづる。
「やうやう―をもとめて、浅草のお別当様へ申しこみ」〈咄・聞上手〉
関係のある方面。むき。
「これはいづくの―より漏れ聞こえし事ぞと」〈浮・敗毒散・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てすじ【手筋】

てのひらにある筋。
技芸などの素質。天分。 「 -のいい子」
囲碁・将棋で、相手の着手に対して十分働きうる手。 「 -をよむ」
師から伝わる芸風。芸の系統。 「鼓は生田与右衛門の-/浮世草子・永代蔵 2
手段。方法。てだて。 「敵の-が知れさうな/浄瑠璃・伊賀越道中双六」
ある物事に関係のある人や事を漠然とさす。方面。すじ。 「是はいづくの-より漏れ聞えし事ぞと/浮世草子・好色敗毒散」
てづる。てがかり。 「 -聞き出し長崎屋伝九郎を頼み/浮世草子・二十不孝 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手筋の関連キーワードパーム運気運勢骨相手の筋平手掌底手の平手の平を返す手のひらを太陽に

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手筋の関連情報