コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手筋 テスジ

デジタル大辞泉の解説

て‐すじ〔‐すぢ〕【手筋】

手のひらに現れている筋。「手筋で運勢を占う」
書画・芸事・武芸など、手先を使ってする事柄の素質・天分。「バイオリンの手筋がいい」
囲碁・将棋で、攻防の基本となる手をうまく活用すること。また、ある局面にいちばん適した手。「碁の手筋を覚える」
手段。てだて。
「その儀について、拙者方にも―もござれば」〈伎・五大力
世話を頼む相手。つて。てづる。
「やうやう―をもとめて、浅草のお別当様へ申しこみ」〈咄・聞上手〉
関係のある方面。むき。
「これはいづくの―より漏れ聞こえし事ぞと」〈浮・敗毒散・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てすじ【手筋】

てのひらにある筋。
技芸などの素質。天分。 「 -のいい子」
囲碁・将棋で、相手の着手に対して十分働きうる手。 「 -をよむ」
師から伝わる芸風。芸の系統。 「鼓は生田与右衛門の-/浮世草子・永代蔵 2
手段。方法。てだて。 「敵の-が知れさうな/浄瑠璃・伊賀越道中双六」
ある物事に関係のある人や事を漠然とさす。方面。すじ。 「是はいづくの-より漏れ聞えし事ぞと/浮世草子・好色敗毒散」
てづる。てがかり。 「 -聞き出し長崎屋伝九郎を頼み/浮世草子・二十不孝 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手筋の関連キーワード鵜の首造り・鵜の頸造り・鵜の頚造りつかむ/動的把握と道具の手買い手筋・買手筋売り手筋・売手筋福島(長崎県)グリーンメール提灯を付ける提灯をつける冠落とし造り市場取引用語藤沢 朋斎仙台(市)将棋の格言読む・訓む佐世保炭田大塚敬節日本棋院浮世草子菖蒲造買手筋

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手筋の関連情報