コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田垣士郎 おおたがき しろう

2件 の用語解説(太田垣士郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田垣士郎 おおたがき-しろう

1894-1964 昭和時代の経営者。
明治27年2月1日生まれ。日本信託銀行をへて,大正14年阪神急行電鉄(現阪急電鉄)に入社。昭和21年に社長。26年関西電力社長となり黒四ダムを完成させた。関西経営者協会会長,関西経済連合会会長などをつとめた。昭和39年3月16日死去。70歳。兵庫県出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田垣士郎
おおたがきしろう
(1894―1964)

実業家。兵庫県出身。1920年(大正9)京都帝国大学卒業後、日本信託銀行に入る。25年阪神急行電鉄(現阪急電鉄)に転じ、小林一三(いちぞう)の指導を受け、46年(昭和21)社長に就任。51年関西電力の社長となり、59年会長に就任した。電源開発に努力し、黒部ダムを建設。関西財界に重きをなした。[前田和利]
『太田垣士郎氏追懐録編纂委員会編『太田垣士郎氏の追憶』(1966)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太田垣士郎の関連キーワード浅尾新甫飯田清三岩瀬英一郎岡部楠男式正次田中百畝中島慶次野村秀雄俣野健輔宮脇先

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太田垣士郎の関連情報