コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田垣士郎 おおたがき しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田垣士郎 おおたがき-しろう

1894-1964 昭和時代の経営者。
明治27年2月1日生まれ。日本信託銀行をへて,大正14年阪神急行電鉄(現阪急電鉄)に入社。昭和21年に社長。26年関西電力社長となり黒四ダムを完成させた。関西経営者協会会長,関西経済連合会会長などをつとめた。昭和39年3月16日死去。70歳。兵庫県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田垣士郎
おおたがきしろう
(1894―1964)

実業家。兵庫県出身。1920年(大正9)京都帝国大学卒業後、日本信託銀行に入る。25年阪神急行電鉄(現阪急電鉄)に転じ、小林一三(いちぞう)の指導を受け、46年(昭和21)社長に就任。51年関西電力の社長となり、59年会長に就任した。電源開発に努力し、黒部ダムを建設。関西財界に重きをなした。[前田和利]
『太田垣士郎氏追懐録編纂委員会編『太田垣士郎氏の追憶』(1966)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太田垣士郎の関連キーワード松原 与三松昭和時代秋山喜久

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android