コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽の子

デジタル大辞泉プラスの解説

太陽の子

熊本県で生産されるトマト。土壌に天然の塩分ミネラルを多く含む八代地区で栽培される。もともとの糖度に加え塩分が吸収されるため甘みがより強く感じられるのが特徴。市場には「塩トマト」の名で流通する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

たいようのこ〔タイヤウのこ〕【太陽の子】

灰谷健次郎の児童文学作品。昭和53年(1978)刊行。挿絵は田畑精一。神戸に住む少女ふうちゃんは、父親が精神を病んだきっかけを調べる過程で、沖縄戦の歴史を知る。昭和55年(1980)、「太陽の子てだのふあ」の題名で映画化されているほか、前進座による舞台化作品もある。
福士幸次郎の第1詩集。大正3年(1914)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

太陽の子の関連キーワードゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ウィリアム・ジェームス ペリーヴェラ コミサルジェフスカヤウォーレス アーウィンコミサルジェフスカヤナッチェス(民族)マンコ・カパク河原崎 長一郎福士 幸次郎味耜高彦根神俊藤 浩滋大日方 伝浦山 桐郎スポーカンアタワルパ三井 弘次ピラミッド重宗 和伸長谷川真弓横峯吉文

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽の子の関連情報