コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失行症 しっこうしょう

3件 の用語解説(失行症の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しっこうしょう【失行症】

脳の損傷によって、運動遂行上の障害となるような麻痺や認知・言語の障害などがないにもかかわらず、熟達した動作を意図的にすることができなくなる症状。失行。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家庭医学館の解説

しっこうしょう【失行症】

 ネクタイがうまく結べない、更衣がうまくできないなど、手、足の運動障害とは関係なく、ふだん何の苦労もなくできている動作がうまくできなくなった状態を、失行症といいます。動作の手順がわからなくなったり、ふだん使っている道具、日用品が上手に使えなくなってしまいます。
 このような行為・動作の障害の多くは、病初期にみられることがありますが、時間経過とともに、その多くは消失していきます。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

失行症
しっこうしょう

大脳の特定部位の損傷によって、麻痺(まひ)などの運動障害がないのに、いろいろな目的のある行為や動作ができなくなる状態をいい、肢節運動失行、観念運動失行、観念失行、構成失行、着衣失行の諸型がある。肢節運動失行は、手指、顔面、下肢など身体の一部に失行が現れ、麻痺への移行型とみなされる。観念運動失行では、影絵でキツネのまねをさせるなど単純な動作が、自発的にはできるのに命令されるとできなくなる。観念失行では、たばこに火をつけるなど複雑な動作をさせると、火のついていないマッチをたばこに近づけるなど動作の時間的順序に混乱がみられる。構成失行では、図形を描いたり積み木を組み立てたりすることが、着衣失行では、衣服を着ることができなくなる。[海老原進一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の失行症の言及

【失行】より

…運動麻痺,失調,不随意運動などの運動障害,知能障害,および意識障害などはなく,なすべき行為を十分に理解し,運動に際し使用する物品もよく認知しているにもかかわらず,なすべき行為を遂行しえない症状を失行または失行症という。この症状は大脳の部分的破壊によって生ずる。…

※「失行症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone