コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夷講 えびすこう

百科事典マイペディアの解説

夷講【えびすこう】

夷の祭。旧10月20日商人仲間が講宿に集まり酒宴を開いて商売繁盛を祈ったが,やがて講とは関係なく取引先を供応し,神に感謝して誓文(せいもん)払いえびす講の売出しをするようになった。
→関連項目えびす(夷/恵比寿/戎)べったら市

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えびすこう【夷講】

えびす神をまつる年中行事。1月20日,10月20日の2回を祝う場合や,1月10日,12月8日といった日取りの地方もある。えびす七福神の中心となる神として福徳を授けてくれるものとされ,各家庭では左膳に魚を添え,お金をに入れて供えたりする。2回祝う所では,春に稼ぎに出かけ,秋には戻ってくるので,春は朝祝い,秋は夜祝いをするなどとも伝えている。また,12月8日を百姓えびす,10月20日を商人えびすという土地もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の夷講の言及

【誓文払い】より

…商店で在庫品その他を格安に売り出すこと。本来は江戸時代,陰暦10月20日に京都の商人や遊女が四条京極にある官者殿(冠者殿)(かんじやでん)に参詣し,一年中商売のかけひきにうそをいった罪をはらい,神罰を免れるように祈ることをいった。官者殿は祇園社の末社で,〈誓文返しの神〉とされていた。のち転じて,商家がふだんおかしがちな虚言を恥じてたてた1日ということになり,罪滅ぼしの精進日とし,内では福の神として蛭子(えびす)をあがめ,店頭では良品,端物を格安にひさぎ,神罰,仏罰の許されんことをひとえに願った。…

【べったら市】より

…東京日本橋の大伝馬町一帯で毎年10月19日夜に開かれる市。翌20日の夷講(えびすこう)の用品を売る市で,神棚,三方(さんぼう)などのほか,近くの魚河岸から売れ残りの干魚などを持ち込んで売ったもので,〈腐市(くされいち)〉と呼ばれていた。《守貞漫稿》にはそれらのほかに,ダイコンの浅漬(あさづけ)を売るようになったことが記されており,この浅漬を〈べったら漬〉と呼んで市民が愛好したため,〈べったら市〉の名が起こった。…

【干鰯問屋】より

…江戸時代の魚肥の問屋兼仲買商。農業生産における魚肥の施用は戦国期に始まるが,江戸時代に入って大衆的衣料として普及した木綿の原料としての綿作の発展は,速効性にすぐれた購入肥料としての魚肥の需要を増大させ,大坂,江戸をはじめ各地に魚肥を扱う干鰯問屋が成立した。なかでも江戸前期から綿作の特産地を形成した畿内農村への魚肥の供給地として,早くから堺,尼崎に干鰯の入津がみられたが,1624年(寛永1)大坂の永代浜に干鰯揚場が開かれ,新靱,新天満,海部堀川3町を中心とする通称靱島(うつぼのしま)(現在の西区)に干鰯問屋仲買が集住するに及んで,大坂商人の一中心勢力となった。…

※「夷講」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夷講の関連キーワード伊藤宗十郎二十日夷誓文払切山椒懸鯛戎講

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android