夷隅川(読み)いすみがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夷隅川
いすみがわ

千葉県南東部,房総丘陵を流れる川。全長 67km。水源は海岸近くの勝浦市にあるが,北流して内陸大多喜町を通り,東流していすみ市を流れ,太東崎の南で太平洋に注ぐ。上・中流は深い谷を刻んで曲流し,県内でも重要な森林地帯。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕夷隅川(いすみがわ)


千葉県南東部を流れる川。房総(ぼうそう)丘陵の清澄(きよすみ)山東方の勝浦(かつうら)ダムに発し、丘陵北東部を曲流し、太東(たいとう)崎の南方で太平洋に注ぐ。2級河川(夷隅川水系)。延長68km。河口北岸に天然記念物の太東海浜植物群落がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夷隅川
いすみがわ

千葉県南東部、勝浦市の上総丘陵(かずさきゅうりょう)に源を発して、夷隅郡大多喜(おおたき)町、いすみ市を流れ、同市岬町和泉(みさきちょういずみ)で太平洋に注ぐ川。延長68キロメートルの河川であるが、流域面積は299平方キロメートルで県下有数。著しく蛇行して流れ両岸に河岸段丘が発達する。河床には頁岩(けつがん)が露出して土砂供給量は少ない。中・下流域には広く水田が開かれ穀倉地帯をなす。上流のカシ、コナラ林から中・下流のスギ林へと移行し、河口に国指定天然記念物の太東海浜植物群落(たいとうかいひんしょくぶつぐんらく)がある。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android