コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夷隅川 いすみがわ

4件 の用語解説(夷隅川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夷隅川
いすみがわ

千葉県南東部,房総丘陵を流れる川。全長 67km。水源は海岸近くの勝浦市にあるが,北流して内陸の大多喜町を通り,東流していすみ市を流れ,太東崎の南で太平洋に注ぐ。上・中流は深い谷を刻んで曲流し,県内でも重要な森林地帯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いすみ‐がわ〔‐がは〕【夷隅川】

千葉県南東部を流れる川。勝浦市の山地に源を発し、いすみ市北東部の太東(たいとう)崎の南で太平洋に注ぐ。長さ68キロ。蛇行をくり返して流れるため、水系全体の長さは161キロに達する。中・下流域は穀倉地帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕夷隅川(いすみがわ)


千葉県南東部を流れる川。房総(ぼうそう)丘陵の清澄(きよすみ)山東方の勝浦(かつうら)ダムに発し、丘陵北東部を曲流し、太東(たいとう)崎の南方で太平洋に注ぐ。2級河川(夷隅川水系)。延長68km。河口北岸に天然記念物の太東海浜植物群落がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夷隅川
いすみがわ

千葉県南東部、勝浦市の上総(かずさ)丘陵に源を発して、夷隅郡大多喜(おおたき)町、いすみ市を流れ、同市岬町和泉(みさきちょういずみ)で太平洋に注ぐ川。延長68キロメートルの河川であるが、流域面積は299平方キロメートルで県下有数。著しく蛇行して流れ両岸に河岸段丘が発達する。河床には頁岩(けつがん)が露出して土砂供給量は少ない。中・下流域には広く水田が開かれ穀倉地帯をなす。上流のカシ、コナラ林から中・下流のスギ林へと移行し、河口に国指定天然記念物の太東(たいとう)海浜植物群落がある。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夷隅川の関連キーワード小糸川房総千葉県南房総市石堂千葉県南房総市大井千葉県南房総市加茂千葉県南房総市久枝千葉県南房総市久保千葉県南房総市高崎千葉県南房総市中千葉県南房総市峰

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夷隅川の関連情報