コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇絶峡 キゼツキョウ

3件 の用語解説(奇絶峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きぜつ‐きょう〔‐ケフ〕【奇絶峡】

和歌山県南西部、田辺市を流れる右会津川上流にある峡谷。高尾山(標高606メートル)と三星山(標高549メートル)の山間約2キロメートルにわたり奇岩・巨岩が見られる景勝地。滝上の絶壁に堂本印象派の原画をもとに刻んだ7.3メートルの摩崖仏がある。桜と紅葉の名所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕奇絶峡(きぜつきょう)


和歌山県田辺(たなべ)市の旧田辺市街地北東方、右会津(みぎあいづ)川の中流にある峡谷。延長約2km。砂礫(されき)岩層を急流が浸食し、巨岩・奇岩がみられる。サクラと紅葉の名所として知られ、四季を通じて渓谷美が楽しめる。断崖(だんがい)上の絶壁には3体の磨崖仏(まがいぶつ)が刻まれている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奇絶峡
きぜつきょう

和歌山県南西部、田辺(たなべ)市を流れる右会津(みぎあいづ)川の峡谷。上流東岸の高尾山(606メートル)と西岸の三星山(549メートル)間は約2キロメートルにわたって両岸が絶壁となって迫り、川床には巨岩が塁積し、川は激流となって流れる。渓流にはカジカガエルが生息し、サクラ、紅葉の名所である。田辺南部(みなべ)白浜海岸県立自然公園に含まれ、不動滝の上の巨岩には堂本印象の原画による磨崖仏(まがいぶつ)が彫られている。JR紀勢本線(きのくに線)紀伊田辺駅からバスの便がある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奇絶峡の関連キーワード和歌山県田辺市あけぼの和歌山県田辺市鮎川和歌山県田辺市熊野和歌山県田辺市上野和歌山県田辺市上芳養和歌山県田辺市串和歌山県田辺市佐田和歌山県田辺市原和歌山県田辺市湊和歌山県田辺市和田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone