コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇絶峡 キゼツキョウ

3件 の用語解説(奇絶峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きぜつ‐きょう〔‐ケフ〕【奇絶峡】

和歌山県南西部、田辺市を流れる右会津川上流にある峡谷。高尾山(標高606メートル)と三星山(標高549メートル)の山間約2キロメートルにわたり奇岩・巨岩が見られる景勝地。滝上の絶壁に堂本印象派の原画をもとに刻んだ7.3メートルの摩崖仏がある。桜と紅葉の名所。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕奇絶峡(きぜつきょう)


和歌山県田辺(たなべ)市の旧田辺市街地北東方、右会津(みぎあいづ)川の中流にある峡谷。延長約2km。砂礫(されき)岩層を急流が浸食し、巨岩・奇岩がみられる。サクラと紅葉の名所として知られ、四季を通じて渓谷美が楽しめる。断崖(だんがい)上の絶壁には3体の磨崖仏(まがいぶつ)が刻まれている。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奇絶峡
きぜつきょう

和歌山県南西部、田辺(たなべ)市を流れる右会津(みぎあいづ)川の峡谷。上流東岸の高尾山(606メートル)と西岸の三星山(549メートル)間は約2キロメートルにわたって両岸が絶壁となって迫り、川床には巨岩が塁積し、川は激流となって流れる。渓流にはカジカガエルが生息し、サクラ、紅葉の名所である。田辺南部(みなべ)白浜海岸県立自然公園に含まれ、不動滝の上の巨岩には堂本印象の原画による磨崖仏(まがいぶつ)が彫られている。JR紀勢本線(きのくに線)紀伊田辺駅からバスの便がある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone