コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉ずる ホウズル

デジタル大辞泉の解説

ほう・ずる【奉ずる】

[動サ変][文]ほう・ず[サ変]
高貴な人にさしあげる。たてまつる。「御前で舞を―・ずる」
うやうやしくうける。承る。「君命を―・ずる」
うやうやしく持つ。ささげる。「校旗を―・ずる」
つつしんで勤める。「を―・ずる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうずる【奉ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 ほう・ず
うけたまわる。 「命めいを-・ずる」
主人としていただく。 「国王として-・ずる」
身分の高い人にさしあげる。たてまつる。 「主君に書を-・ずる」
つとめる。奉職する。 「職を-・ずる」
うやうやしく持つ。ささげ持つ。 「軍旗を-・ずる」
仕える。奉仕する。 「臣が君に-・ずる道/史記抄 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奉ずるの関連キーワードレオン・デ・シルデンフェルド シレル賤ヶ岳の戦い・賎ヶ嶽の戦いアウクスブルクの宗教和議イスマーイール(1世)グエン・チャン・チトルストイアンナチュラリスト自由心霊兄弟団自由美術家協会プロテスタント暗弱・闇弱箕帚を執るリゴリスト宮本 包則ダダイストシーア派女房奉書朱子学派三社奉幣古義学派

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奉ずるの関連情報