コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捧げる ササゲル

デジタル大辞泉の解説

ささ・げる【×捧げる】

[動ガ下一][文]ささ・ぐ[ガ下二]《「さしあぐ」の音変化》
両手に持って目の高さより上にあげる。「優勝カップを高々と―・げる」「賞状を―・げてうしろにさがる」
慎みの心をもって、神仏や目上の人などに物をさし出す。たてまつる。献上する。「神前に五穀を―・げる」「この小著を亡き母に―・げます」
まごころや愛情を示して相手に尽くす。「戦没者の霊に黙祷(もくとう)を―・げる」「変わらぬ愛を―・げる」
自分の持つすべてを惜しみなくある対象につぎこむ。「伝染病研究に一生を―・げる」
高くあげる。
「燕(つばくらめ)子産まむとするときは、尾を―・げて七度めぐりてなむ産み落とすめる」〈竹取
高い大きな声を出す。
「おとど御声を―・げて泣きののしり給へど」〈栄花・本の雫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ささげる【捧げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 ささ・ぐ
〔「さしあぐ」の転〕
敬意を表現するために、両手で物を目より高くして持つ。 「賞状を-・げるように持つ」
神仏や高貴な人などに献上する。さしあげる。供える。 「神前に玉串たまぐしを-・げる」 「いけにえを-・げる」
敬愛する人に、自分の著作などをさしだす。献呈する。 「この本を亡き母に-・げる」
(「身」「一生」「心」などを目的語として)自分のことをかえりみないで、ひたすら相手に尽くす。 「愛する人に身も心も-・げる」 「研究に一生を-・げた」
上の方に高くあげる。かかげる。 「尾を-・げて七度めぐりてなむ産み落とすめる/竹取」
声をはりあげる。 「おとど御声を-・げて泣きののしり給へど/栄花 本の雫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捧げるの関連キーワードバッハ:カプリッチョ ホ長調「ヨハン=クリストフ=バッハをたたえて」/piano soloサティ:世紀毎の時間と瞬間的な時間/piano soloハイド:ソナタ ト短調/piano solo〈フランス〉Poésiesイード・アルアドハーコラ!なんばしよっとホロホロクヘイアウカシオペイアツィポーリ身を尽くす神厨・神廚祈祷・祈禱太刀川亞希黙祷・黙禱雨乞い踊り赤川次郎十月革命佐川和正人身供犠トースト

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捧げるの関連情報