コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捧げる ササゲル

2件 の用語解説(捧げるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ささ・げる【×捧げる】

[動ガ下一][文]ささ・ぐ[ガ下二]《「さしあぐ」の音変化》
両手に持って目の高さより上にあげる。「優勝カップを高々と―・げる」「賞状を―・げてうしろにさがる」
慎みの心をもって、神仏や目上の人などに物をさし出す。たてまつる。献上する。「神前に五穀を―・げる」「この小著を亡き母に―・げます」
まごころや愛情を示して相手に尽くす。「戦没者の霊に黙祷(もくとう)を―・げる」「変わらぬ愛を―・げる」
自分の持つすべてを惜しみなくある対象につぎこむ。「伝染病研究に一生を―・げる」
高くあげる。
「燕(つばくらめ)子産まむとするときは、尾を―・げて七度めぐりてなむ産み落とすめる」〈竹取
高い大きな声を出す。
「おとど御声を―・げて泣きののしり給へど」〈栄花・本の雫〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ささげる【捧げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 ささ・ぐ
〔「さしあぐ」の転〕
敬意を表現するために、両手で物を目より高くして持つ。 「賞状を-・げるように持つ」
神仏や高貴な人などに献上する。さしあげる。供える。 「神前に玉串たまぐしを-・げる」 「いけにえを-・げる」
敬愛する人に、自分の著作などをさしだす。献呈する。 「この本を亡き母に-・げる」
(「身」「一生」「心」などを目的語として)自分のことをかえりみないで、ひたすら相手に尽くす。 「愛する人に身も心も-・げる」 「研究に一生を-・げた」
上の方に高くあげる。かかげる。 「尾を-・げて七度めぐりてなむ産み落とすめる/竹取」
声をはりあげる。 「おとど御声を-・げて泣きののしり給へど/栄花 本の雫

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捧げるの関連キーワード織り上げる傾げる焦げる脱げる塞げる捥げる挿げる煮上げる擡げる安らげる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

捧げるの関連情報