コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉る タイマツル

6件 の用語解説(奉るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐まつ・る【奉る】

[動ラ四]たてまつる」の音変化。
「かぢとりして幣(ぬさ)―・らするに」〈土佐

たて‐まつ・る【奉る】

[動ラ五(四)]
「やる」「おくる」の、その対象を敬っていう謙譲語。上位の人に差し上げる。献上する。「貢ぎ物を―・る」
動作の対象への敬意を失い、「やる」「おくる」をからかっていう。「あだ名を―・る」
形だけある地位に就けて、敬意を払ったことにする。祭り上げる。「会長に―・って口出しをさせない」
その動作を受ける人を主として、尊敬語として用いる。
㋐「飲む」「食う」の尊敬語。召し上がる。
「壺なる御薬―・れ」〈竹取
㋑「着る」の尊敬語。お召しになる。
「御袴着のこと、一の宮の―・りしに劣らず」〈・桐壺〉
㋒「乗る」の尊敬語。お乗りになる。「乗り給ふ」より敬意が強い。
「女御殿、対の上は一つに―・りたり」〈・若菜下〉
(補助動詞)動詞の連用形に付いて謙譲の意を添え、その動作の及ぶ相手を敬う。…申し上げる。…さしあげる。「御神体を移し―・る」「よろしく願い―・ります」
[動ラ下二]に使役の意が加わったもの。一説に、四段「奉る」と同義とも》
人を通して、差し上げる。差し上げさせる。
「小さき人して―・れたれば」〈かげろふ・中〉
使いの者を参上させる。使いを差し上げる。
「惟光を―・れ給へり」〈・若紫〉
[補説]は、未然形と連用形の用例しかないが、通常、下二段と認めている。

まつ・る【奉る】

[動ラ四]《「祭る」と同語源》
やる」「おくる」の謙譲語。尊者に献上する。差し上げる。
「秋つ葉ににほへる衣我は着じ君に―・らば夜も着るがね」〈・二三〇四〉
(その動作を受ける尊者を主として)「飲む」「食う」の尊敬語。召し上がる。
「やすみしし我ご大君は平らけく長く坐(いま)して豊御酒(とよみき)―・る」〈続紀・聖武・歌謡〉
(補助動詞)謙譲の意を表す。…申し上げる。
「仏の御法を護り―・り尊み―・るは」〈続紀宣命

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいまつる【奉る】

( 動四 )
〔「たてまつる」の転〕
献上する。さしあげる。 「ただ一つある鏡を-・る/土左」
(補助動詞) 他の動詞の連用形に付いて、その動作の対象を敬う謙譲表現をつくる。…申しあげる。 「おもてはげまして人の見-・るべくあらば/宇津保 藤原君

たてまつる【奉る】

( 動五[四] )
自分よりも上位の人や神仏に物を差し出すことを、その動作の受け手を敬っていう語。差し上げる。献上する。 「上奏文を-・る」
うわべだけ敬って高い地位の者として扱う。まつり上げる。 「会長として-・っておけばいい」
貴人のもとへ、手紙や、紙に書いた歌などを差し出すことを、受け手を敬っていう。差し上げる。 「文をこそは-・らめ/源氏 夕霧
貴人のもとへ人を差し向けることを、受け手を敬っていう。つかわし申し上げる。 「『いかにいかに』と人(=使者ヲ)-・り給へど/源氏 椎本
貴人が飲食することを敬っていう。めしあがる。 「もも長に寝をし寝せ豊御酒とよみき-・らせ/古事記
〔「乗せる」 「着せる」など、貴人にその動作の及ぶ動詞に「奉る」が付いて、さらに上の動詞が略された言い方〕 お乗せする。お着せする。…し申し上げる。 「夜の明け離れぬさきに御舟に-・れ/源氏 明石」 「阿闍梨三人さぶらひて法服など-・るほど/源氏 若菜上」 「とりどりに-・る(=演奏シ申シ上ゲル)中に、和琴はかのおとどの…御琴なり/源氏 若菜上
からさらに転じた用法か〕 「乗る」「着る」などの尊敬語。 「女御殿、対の上は一つ(=車一台)に-・りたり/源氏 若菜下」 「宮は白き御衣どもに紅の唐綾をぞ上に-・りたる/枕草子 184
(補助動詞)
他の動詞またはそれに使役や受け身の助動詞の付いたものに付いて、その動作の対象を敬う謙譲表現を作る。…し申し上げる。…して差し上げる。 「む月にをがみ-・らむとて小野に詣でたるに/伊勢 83」 「せばき所にて雑人はいと多く払はれて、おしかけられ-・りぬれば/大鏡 道隆
動詞「率る」に助詞「て」を介して付き、「お連れ申し上げる」の意を表す。 「人知れず心づかひして、いみじく忍びてゐて-・る/源氏 総角」 〔複合動詞では、その間に入れて用いられることがある。「今の世の御事どもに見-・りくらぶるに/枕草子 278」〕
[可能] たてまつれる
( 動下二 )
(補助動詞)
他の動詞に付いて、その動作の対象を敬う謙譲表現を作る。…し申し上げる。未然形・連用形の例しかない。 「浅茅付けたりしより始めて返し-・れ給ふ/宇津保 忠こそ

まつる【奉る】

( 動四 )
〔「祭る」と同源〕
神や上位者に対して物を届けたり、贈ったりすることの謙譲語で、受け手を敬う。たてまつる。献上する。 「ちはやぶる神のみ坂に幣ぬさ-・り斎いわふ命は母父おもちちがため/万葉集 4402
神や上位者がめしあがる。 「やすみしし我ご大君は平らけく永く坐いまして豊御酒とよみき-・る/続紀 天平一五
(補助動詞) 他の動詞の連用形に付いて、その動作の対象に対する敬意を表す。…申しあげる。 「釈迦の御足跡みあと石に写し置き敬ひて後の仏に譲り-・らむ捧げまうさむ/仏足石歌」 〔補助動詞としての用法のものは「つかえまつる」の形が多く、後に一語化した。→つかえまつる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奉るの関連キーワード贈る押し遣る突き遣る投げ遣る見遣る靄る書送る差送る捩じくる申送る

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奉るの関連情報