コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥井復太郎 おくい ふくたろう

2件 の用語解説(奥井復太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥井復太郎 おくい-ふくたろう

1897-1965 昭和時代の社会学者。
明治30年11月21日生まれ。昭和2年慶大教授となり,31年塾長。日本の都市社会学の分野で先駆的業績をあげる。日本都市学会会長,国民生活研究所所長などをつとめた。昭和40年2月16日死去。67歳。東京出身。慶大卒。著作に「現代大都市論」「国土計画論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おくいふくたろう【奥井復太郎】

1897‐1965(明治30‐昭和40)
都市学の先駆者。東京の下町生れ。慶応大学理財科(現,経済学部)卒業。経済学を基礎に都市問題に関心をもち,《現代大都市論》(1940)は代表的著書。それを契機に研究の方向を社会学的視点に移した。1953年日本都市学会の再建とともに会長となった。慶応大学では1956‐60年塾長をつとめ,62年にはビジネス・スクールを設置してその校長となった。国民生活研究所長,ユネスコ国内委員,社会開発懇談会委員等政府関係の組織にも協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥井復太郎の関連キーワード岡崎勝男赤松常子大島秀一小田切武林岸本義広小島文夫竹田三之助富士田千蔵(7代)三宅襄山喜多二郎太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone