コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥井復太郎 おくい ふくたろう

2件 の用語解説(奥井復太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥井復太郎 おくい-ふくたろう

1897-1965 昭和時代の社会学者。
明治30年11月21日生まれ。昭和2年慶大教授となり,31年塾長。日本の都市社会学の分野で先駆的業績をあげる。日本都市学会会長,国民生活研究所所長などをつとめた。昭和40年2月16日死去。67歳。東京出身。慶大卒。著作に「現代大都市論」「国土計画論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おくいふくたろう【奥井復太郎】

1897‐1965(明治30‐昭和40)
都市学の先駆者。東京の下町生れ。慶応大学理財科(現,経済学部)卒業。経済学を基礎に都市問題に関心をもち,《現代大都市論》(1940)は代表的著書。それを契機に研究の方向を社会学的視点に移した。1953年日本都市学会の再建とともに会長となった。慶応大学では1956‐60年塾長をつとめ,62年にはビジネス・スクールを設置してその校長となった。国民生活研究所長,ユネスコ国内委員,社会開発懇談会委員等政府関係の組織にも協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

奥井復太郎の関連キーワードアニオン電着塗装フィリピン革命戦争文学石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)スペイン映画密貿易

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone