コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女君 オンナギミ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐ぎみ〔をんな‐〕【女君】

貴族の息女の敬称。姫君。めぎみ。⇔男君(おとこぎみ)
「―たち御琴どもかき合はせ」〈宇津保・祭の使〉
貴族の妻の敬称。
「―、例の、はひ隠れてとみにも出で給はぬを」〈・若紫〉

め‐ぎみ【女君/妻君】

貴人または他人の妻や娘を敬っていう語。おんなぎみ。
「宇治の大将の浮舟の―のやうにこそあらめ」〈更級

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなぎみ【女君】

貴人の姫君を敬っていう語。 ↔ 男君 「 -いとうつくしげにものしたまふれ/蜻蛉
貴人の妻を敬っていう語。奥方。 「 -ののたまひし事をおぼして聞きすぐし給ふ/宇津保 忠こそ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

女君の関連情報