コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女君 オンナギミ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐ぎみ〔をんな‐〕【女君】

貴族の息女の敬称。姫君。めぎみ。⇔男君(おとこぎみ)
「―たち御琴どもかき合はせ」〈宇津保・祭の使〉
貴族の妻の敬称。
「―、例の、はひ隠れてとみにも出で給はぬを」〈若紫

め‐ぎみ【女君/妻君】

貴人または他人の妻や娘を敬っていう語。おんなぎみ。
「宇治の大将の浮舟の―のやうにこそあらめ」〈更級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなぎみ【女君】

貴人の姫君を敬っていう語。 ↔ 男君 「 -いとうつくしげにものしたまふれ/蜻蛉
貴人の妻を敬っていう語。奥方。 「 -ののたまひし事をおぼして聞きすぐし給ふ/宇津保 忠こそ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女君の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物天鈿女命・天宇受売命徒ならず・只ならずとりかへばや物語筋交ふ・筋違ふ物臭い・懶い春日大娘皇女快い・心良い偽れる盛装おぼめかし菟道稚郎子夜半の寝覚天太玉命宇喜也嘉猿田彦命落窪物語霧野ゆき天児屋命住吉物語天鈿女命