コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女太夫 オンナダユウ

2件 の用語解説(女太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんな‐だゆう〔をんなダイフ〕【女太夫】


江戸時代、菅笠をかぶり、三味線・胡弓(こきゅう)の弾き語りをして歩いた女の門付け芸人。正月には鳥追いとなった。
浄瑠璃水芸・奇術などの演芸をする女芸人。
歌舞伎変化舞踊「七小町容彩四季(ななこまちすがたのさいしき)」の一。清元。福森喜宇助作詞、清沢万吉作曲。文化13年(1816)江戸中村座初演。女太夫の風俗を舞踊化したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんなだゆう【女太夫】

江戸時代、鳥追い姿で三味線を弾き、浄瑠璃・小唄などを唄って門付かどづけをしながら歩く女。鳥追い。
歌舞伎舞踊。鳥追い姿の女太夫を舞踊化したもの。「七小町容彩四季ななこまちすがたのさいしき」「角兵衛」など。
義太夫を語ったり、水芸をしたりする女芸人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女太夫の関連キーワード相三味線門説経皮被り三味線糸菅笠節頭甲ちょろけん脇三味線連三味線木村又八

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone