コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女太夫 オンナダユウ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐だゆう〔をんなダイフ〕【女太夫】


江戸時代、菅笠をかぶり、三味線・胡弓(こきゅう)の弾き語りをして歩いた女の門付け芸人。正月には鳥追いとなった。
浄瑠璃水芸奇術などの演芸をする女芸人。
歌舞伎の変化舞踊「七小町容彩四季(ななこまちすがたのさいしき)」の一。清元。福森喜宇助作詞、清沢万吉作曲。文化13年(1816)江戸中村座初演。女太夫の風俗を舞踊化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなだゆう【女太夫】

江戸時代、鳥追い姿で三味線を弾き、浄瑠璃・小唄などを唄って門付かどづけをしながら歩く女。鳥追い。
歌舞伎舞踊。鳥追い姿の女太夫を舞踊化したもの。「七小町容彩四季ななこまちすがたのさいしき」「角兵衛」など。
義太夫を語ったり、水芸をしたりする女芸人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女太夫の関連キーワード岡本 宮古太夫(2代目)岡本宮古太夫(2代)六字南無右衛門置きにする江戸時代お静礼三豊竹呂昇鳥追い歌女歌舞伎三味線四つ竹角兵衛綱渡り猿若菅笠胡弓

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android