コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女暫 おんなしばらく

1件 の用語解説(女暫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おんなしばらく【女暫】

歌舞伎狂言。時代物。1幕。1746年(延享3)11月江戸中村座における《天地太平記》で,初世嵐小六が初演。明治以後は外題も《女暫》として上演されている。《》の主人公を女に替えたもので,座頭級の女方によって演じられる。荒事でありながら女であることを忘れずにつとめることが要点で,聞かせどころつらねの最後に〈オオ恥ずかし〉と付け加えるなどの工夫がある。【鳥越 文蔵】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

女暫の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六司天台富永仲基

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女暫の関連情報