女暫(読み)おんなしばらく

世界大百科事典 第2版の解説

おんなしばらく【女暫】

歌舞伎狂言。時代物。1幕。1746年(延享3)11月江戸中村座における《天地太平記》で,初世嵐小六が初演。明治以後は外題も《女》として上演されている。《》の主人公を女に替えたもので,座頭級の女方によって演じられる。荒事でありながら女であることを忘れずにつとめることが要点で,聞かせどころのつらねの最後に〈オオ恥ずかし〉と付け加えるなどの工夫がある。【鳥越 文蔵

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android